大阪ニュース

絶品「万博メニュー」 関西若手シェフ7人コラボ

2021年2月28日

 2025年大阪・関西万博で「レストランをするならば?」をテーマにした食イベントが27日、大阪市北区の阪急高架下で開かれた。関西で注目を集める7人の若手料理人がコラボレーションし、関西の食材を駆使したコース料理を披露。大阪府などに発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除を間近に控え、魅力の柱となる「食の都、大阪」をアピールした。

関西の食材を使った創作料理を共同で作るシェフら=27日、大阪市北区

 同イベントは、大阪商工会議所と大阪観光局でつくる「食創造都市 大阪推進機構」が主催。大阪万博を見据え地元の食の魅力を国内外に発信する実験的な試みで、27、28日の2日間限定の「スペシャルレストラン」(参加申し込みは終了)を開設した。

 料理を担当したのは、日本人の感覚をイタリア料理の技法で表現する「RiVi」(大阪市西区)の山田直良オーナーシェフや、2年連続ミシュラン一つ星を獲得している日本料理「昇六」(同)の店主の下田正人さんら7人。キッチンで協力しながら、泉州で水揚げされたワタリガニと八尾市の若ごぼうを使った冷菜や、高槻市の三箇牧(さんがまき)トマトと煮穴子のご飯など全8品の創作料理を完成させた。

 山田シェフは「異なるジャンルのシェフから教わることは多く、大きな刺激になった。コロナ禍でも大阪万博という大きな目標を持って、腕を磨いていきたい」と目を輝かせていた。


サイト内検索