大阪ニュース

約束守れ「ほっと」 バレーJTがリーグ連覇報告

2021年4月13日

 プロバレーボールVリーグ女子1部(V1)を連覇したJTマーヴェラスの選手、スタッフらが12日、本拠地に当たる大阪市役所に松井一郎市長を表敬訪問し、優勝を報告した。吉原知子監督は「連覇をお約束していたので、良い報告を届けることができてほっとしている」と胸をなで下ろした。

記念写真に納まる吉原監督、松井市長(右から4、5人目)ら=12日、大阪市役所

 決勝は2月にあり、リーグ2位のJTはリーグ無敗の東レを下して頂点に立った。昨年12月に初制覇した皇后杯全日本選手権に次いで2冠を獲得した。

 市役所には、吉原監督や目黒優佳副主将らが来庁し、ブロンズ製のトロフィーを披露。目黒副主将が「決勝では一人一人が役割を全うすることができた。この結果に満足することなく、(今月大阪市で開幕する)黒鷲旗でも大阪にまた良いニュースを届けたい」と胸を張った。

 出迎えた松井市長は「“連覇”のお願いを、快く引き受けていただいた。世の中がコロナで落ち込む中、市民が勇気付けられる」と歓迎。チームから贈られた優勝記念Tシャツに袖を通し、笑みを浮かべていた。


サイト内検索