大阪ニュース

パン以外も本格的に 東京のベーカリー関西初進出

2021年4月15日

 大阪市北区茶屋町の商業施設「NU茶屋町プラス」に15日、ベーカリーカフェ「メゾン・イチ プリュス」がオープンする。フードエンジニアリングデザイン(東京都、五十嵐真澄社長)が展開するベーカリーショップ「メゾン・イチ」の新業態で、パンの製造・販売だけでなく、フードやスイーツ、ワインも本格的に楽しめる。「メゾン・イチ」は東京・代官山に本店を構える人気のベーカリーショップで、関西は初進出となる。

非接触で開閉できる特注のショーケースの前で、ランチに付く「ぷるぷる生プルマン」を割ってみせる山根店長=大阪市北区

 「よりすぐりの小麦をブレンドし、ふんだんに生クリームを使用した自然な甘さ」の生食パン「ぷるぷる生プルマン」が看板メニューで、独自の長時間低温熟成発酵で「きめの細かいもっちりとした食感」を実現。ほかにも「いちじくピスタチオ」「くるみと山ぶどう」など、個性的なパンを取りそろえている。

 イートイン、テークアウトともに力を入れる方針で、山根友紀子店長は「メインはパンだが、スイーツや料理にも本格的に取り組む」とパン職人だけでなく、パティシエや料理人などの人材を確保。ワインについても「味はもちろん、見た目もかわいいボトルやグラスを集めた。グラスを選んでワインを楽しんで」と来店を呼び掛けた。


サイト内検索