大阪ニュース

「改憲」「護憲」動画で是非主張 府内団体もアピール

2021年5月4日

 憲法記念日の3日、大阪府内では、改憲の是非を巡って関連団体がアピールを繰り広げた。新型コロナウイルス感染拡大で、政府による緊急事態宣言が発令される中、予定していた行事や集会は中止し、動画投稿サイトなどを活用してそれぞれの主張を発信する姿が見られた。

改憲を唱える団体が各自視聴を促した動画の一部=3日
コンサートも盛り込みながら護憲を訴えた団体の動画の一部=3日

 改憲を唱える「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」は、恒例の関連行事を中止。全国組織が動画投稿サイトで生中継したフォーラムを各自で視聴する形にした。

 フォーラムを受けて、新型コロナウイルス禍や中国の軍事力強化などを踏まえ、憲法への自衛隊の明記や緊急事態に対応した改正原案の早期策定などを促すため、取り組みを強化する方針を示した。

 護憲を掲げる「おおさか総がかり行動実行委員会」は、大阪市内の公園で行う予定だった集会を取りやめてライブ配信に切り替えた。

 社会的テーマについて歌う音楽グループのコンサートも盛り込みつつ、私権制限につながる改憲は「為政者の言いがかり」として反対する姿勢などを示した。


サイト内検索