大阪ニュース

雇用維持相談受け付け 府など、オンラインで

2021年5月9日

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、大阪府は雇用維持に関しての緊急対策オンライン相談を実施している。テレビ会議システムを利用し、労使双方からの相談に応じる。平日午前10時〜午後5時。無料。14日まで。

労使双方から受け付ける大阪府の雇用維持緊急対策オンライン相談窓口=7日、大阪市中央区のエル・おおさか

 昨年の最初の緊急事態宣言時には、労働者らから府に数多くの相談が寄せられた。3度目の緊急事態宣言発令に合わせ、府の商工労働部と大阪働き方改革推進支援・賃金相談センターが連携で企画した。

 新型コロナ禍における解雇・雇い止めや雇用維持の助成金についてなど、労働者には府の担当者が、事業者側は同センターの社会保険労務士が相談を受け付ける。

 45分を一枠とし、希望日の1営業日前(平日)午前中までに予約する。労働者は府インターネット申し込みサイト(ピピっとネット)から。事業者はタイトルに「雇用維持オンライン相談希望」と入力し、名前や希望日時など必要事項を記入し、同センターに電子メール(sien@sr−osaka.jp)で申し込む。

 府の担当者は「些細(ささい)なことでもかまわない。新型コロナにより困っていることなら何でも気軽に連絡し、利用してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは労働者は電話06(6946)2600、事業者は電話(0120)068116。


サイト内検索