大阪ニュース

樹上の大輪 かれんに 大阪城公園でタイサンボク見頃

2021年6月9日

 8日の大阪は高気圧に覆われて晴れ、各地とも強い日差しで気温が上昇した。枚方市では最高気温が32・0度を観測するなど、府内全ての観測地点で気温が今年最高となり、多くの地点で30度超の「真夏日」となった。

純白の大輪を開かせるタイサンボク=8日、大阪市中央区の大阪城公園

 気象台によると、このほかの各地の最高気温は、豊中市31・6度▽大阪市中央区30・7度▽堺市堺区29・8度▽八尾市31・0度−など、平年を0・5〜5・0度上回る6月中旬〜7月下旬並みの暑さとなった。

 大阪市中央区の大阪城公園では、モクレン科の植物タイサンボク(泰山木)の花が見頃となり、梅雨期の園内を飾っている。花は公園東側の「記念樹の森」「市民の森」などに点在。高い樹上に白い大輪を咲かせ、さわやかな香りとともに来園者を魅了している。

 大阪城パークセンターによると、今季の花は例年よりやや早い5月下旬から開花。咲き替わりながら今月中旬まで楽しめる見込み。


サイト内検索