大阪ニュース

大阪環状線60周年 オリジナルロゴ 車両に装飾

2021年6月10日

 JR西日本は9日、大阪環状線開業60周年を迎えたのにちなみ、車両にオリジナルロゴマークを装飾する作業を、大阪市城東区の吹田総合車両所森ノ宮支所で報道陣に公開した。323系列車の2編成に装飾し、11日から大阪環状線とJRゆめ咲線で運行する。12月下旬まで。

車両に掲げられたオリジナルロゴマーク=9日、大阪市城東区の吹田総合車両所森ノ宮支所

 ロゴマークは、先頭・最後部車両の前面に環状線をイメージしたヘッドマーク風ステッカーと上部の2種類を掲出。上部のロゴマーク「1961−2021 つながって60」は、グループ会社JR西あいウィルの今西善之さん(42)が考案。「『6』と『0』をつなげたデザインは、無限の可能性を秘めた路線」という思いを込めた。

 JR西近畿統括本部企画課の渡辺修二さん(40)は、2013年から取り組んできた大阪環状線改造プロジェクトに触れ、「60年を契機に地域の皆さんとも連携しながら、大阪のまちの機運の醸成を一緒に盛り上げていければ」と期待を寄せた。


サイト内検索