大阪ニュース

マイドーム運用前 確認兼ね先行接種 医療従事者らに

2021年6月19日

 大阪府は18日、大阪市中央区のマイドームおおさかに開設する、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場「府コロナワクチン接種センター」の運用開始を前に、リハーサルを兼ねた先行接種を報道関係者に公開した。当初は65歳以上の府民を対象としていたが予約に空きがあり、18〜64歳も接種可能に拡大した。19日から接種を始める。

大阪府コロナワクチン接種センターで行われた会場関係者へのワクチン接種=18日、大阪市中央区のマイドームおおさか(代表撮影)

 リハーサルを兼ねた先行接種は、医療従事者や府職員ら約800人に実施。1〜3階のホールスペース延べ約5千平方メートルを利用し、受け付けから予診票の確認、医師の予診と看護師による接種まで一連の動線を確認した。

 今後、スタッフは医療従事者をはじめ1日約200人体制を敷き、当初は千人でスタートし、最大3千人の接種を目指す。

 谷口隆センター長は、報道陣に「いかに集団免疫を獲得していくかに尽きる。そのためにスタッフ全員が一生懸命頑張っていく」と力を込めた。

 予約は、専用サイトか無料通信アプリ「LINE(ライン)」で受け付ける。64歳以下に対象を広げる条件として府は当初、予約率が「90%を継続して下回る場合」としていたが、17日時点で7・2%にとどまっていた。


サイト内検索