大阪ニュース

だんじり祭の記念切手販売 花園ラグビーは22日から

2021年9月14日

 日本郵便近畿支社(大阪市中央区・小方憲治支社長)は、オリジナルフレーム切手の「岸和田だんじり祭」を販売している。22日からは「花園ラグビーの日制定記念」も登場する。

「令和三年 岸和田だんじり祭」オリジナルフレーム切手(日本郵便近畿支社提供)
「花園ラグビーの日制定記念」オリジナルフレーム切手(日本郵便近畿支社提供)

 約300年の歴史を持つ祭礼「岸和田だんじり祭」は毎年9月に開催されてきたが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止。今年は規模を縮小し、2年ぶりに開催される。

 記念切手は開催に合わせて毎年発行され、今年はだんじりに乗る勇壮な姿や市内を曳行する様子のイラストを採用した。

 1シート84円切手10枚で1330円。600シート限定。岸和田市や和泉市、貝塚市の郵便局のほか、「郵便局のネットショップ」でも15日から販売する。

 「花園ラグビーの日(9月22日)」は、ラグビーワールドカップ2019日本大会の花園ラグビー場の初戦が開催された日で、昨年制定された。

 デザインには、地元チームの「花園近鉄ライナーズ」の選手やラグビー場の写真を使用。1シート63円、84円切手を各5枚とポストカードをセットで1800円。東大阪市などの郵便局とネットショップ(25日販売開始)と合わせて1100シートを販売する。


サイト内検索