大阪ニュース

本格派から豪華まで キャンピングカーフェア盛況

2021年9月26日

 趣向を凝らしたキャンピングカーを展示する「大阪キャンピングカーフェア2021〜秋の大商談会〜」(実行委員会主催)が25日、大阪市住之江区のインテックス大阪で始まった。40社以上の約150台が並び、来場者は熱心に比較検討していた。26日まで。

さまざまなタイプのキャンピングカーが並んだ会場=25日、大阪市住之江区のインテックス大阪

 春と秋に行っているイベントで、主催者によると近年のアウトドア需要の高まりで来場者、規模ともに増加している。トラックに居室を架装した本格派の「キャブコン」や、ワンボックスカーを改造した「バンコン」、内装が豪華な輸入車などさまざまなキャンピングカーが展示されている。ペットの同伴も可能で、ドッグランなどを設置。子どもが楽しめる縁日コーナー、スタンプラリーもある。

 実行委の日本RV協会(横浜市)の神代哲平イベント事業部長は「キャンピングカーはレジャーだけでなく災害時にも有効に活用できるという意識付けも促したい」と話した。

 午前10時〜午後5時。入場料は高校生以上千円、中学生以下600円、ペット一匹につき500円。


サイト内検索