大阪ニュース

若者の投票率向上へ 豊中市 チラシや投票済証配布

2021年10月21日

 31日投開票の衆院選に向けて若者に選挙への関心を高めてもらおうと、豊中市は若者の政治参加を促す団体「NO YOUTH NO JAPAN」がデザインした選挙啓発チラシ12万5千部としおり型投票済証5万枚を配布する。

若者の政治参加を促す団体「NO YOUTH NO JAPAN」がデザインした選挙啓発チラシとしおり型投票済証

 選挙啓発チラシは、同市内の高校10校の3年生約3300人に学校を通じて配布。しおり型投票済証は写真撮影して会員制交流サイト(SNS)などで投票したことをアピールでき、期日前投票所(30日まで)と当日投票所(31日)の出口付近で配布する。

 また、新有権者(2019年7月の参院選後に有権者になった豊中市民。約8500人)を対象に、投票を呼び掛けるメッセージカードと、投票方法を学べる冊子「池上彰のマンガでわかる選挙と政治の話2021」などを郵送する。

 市公式SNS(LINE、ツイッター、フェイスブック)では、公示日や期日前投票所の開設日などに情報発信。また、障害者らの投票方法などを説明した動画(約7分)を市公式ユーチューブアカウント「とよなかチャンネル」で配信している。

 市選挙管理委員会の槌谷光義事務局長は「自分たちの生きていく社会を決める選挙に関心を持ってもらいたい」と若者に投票を呼び掛ける。


サイト内検索