大阪ニュース

瀬戸内・四国の観光物産展 もりのみやキューズモール

2021年11月26日

 瀬戸内(岡山、広島、山口)および四国(徳島、香川、愛媛、高知)の在阪事務所と当該エリアの関係4団体は27、28の両日、大阪市中央区の商業施設「もりのみやキューズモールBASE」1階BASEパークで「四国・瀬戸内観光物産展〜瀬戸内から四国路の旅巡り〜」を開催する。7県と4団体が協力して行うのは今回が初めて。

岡山県と香川県をつなぐ瀬戸大橋

 四国・瀬戸内エリアの魅力発信と周遊促進を目的に実施。地域の観光PRや特産品の販売のほか、「讃岐うどん」の手打ち体験や「正調よさこい鳴子踊り」体験など、各地域への興味・関心を喚起するワークショップも用意する。

 また、各県・団体の人気キャラクターによるステージパフォーマンスや地域の特産品が当たる抽選会も行う。山口県大阪事務所の中井陽一郎さんは「瀬戸内・四国エリアの魅力満載です。ぜひご来場ください」と呼び掛ける。


サイト内検索