大阪ニュース

安定供給要望へ インフルワクチン、ジェネリック医薬品

2021年11月29日

 大阪府保険医協会(宇都宮健弘理事長)は、インフルエンザワクチンとジェネリック医薬品(後発薬)の安定供給について、国に要望書を提出する意向だ。

 新型コロナウイルス感染拡大の対応に追われる医療現場について、同協会は「疲労困憊(こんぱい)の中、インフルエンザワクチンとジェネリック医薬品不足の混乱の矢面に立っている」と指摘している。


サイト内検索