大阪ニュース

クリスマスの音色響く 音大生らがコンサート

2021年12月5日

 大阪府内の3大学で音楽を専攻する学生たちが4日、大阪市北区のグランフロント大阪北館1階ナレッジプラザでコンサート「Grand Wish Student Concert」を開いた。約11メートルのクリスマスツリーの前で、ディズニープリンセス作品の楽曲などを披露し、ロマンチックなクリスマスムードを盛り上げた。

ディズニープリンセスのモチーフが舞い踊るオルゴールを表現したクリスマスツリーの前で演奏する学生たち=4日、大阪市北区のグランフロント大阪北館

 グランフロント大阪はディズニーが展開しているディズニープリンセスの祭典とタイアップし、「Sparkling Moments(きらめく瞬間)」をコンセプトに25日までクリスマスイベントを実施。その一環として、新型コロナウイルス禍で演奏の機会を失った学生たちに発表の場を提供しようとコンサートを企画した。

 出演したのは大阪音楽大(金管アンサンブル)、相愛大(サクソフォンアンサンブル)、大阪芸術大(金管8重奏)の学生。各大学は「アラジン」や「アナと雪の女王」などのディズニー作品からの楽曲やクリスマスソングを奏で、その音色に誘われるように親子連れらが足を止めて聴き入っていた。

 この日のために有志を募って金管アンサンブルを結成したという大阪音楽大大学院1年の本庄直人さん(ユーフォニアム)は「久しぶりにお客さまの前で演奏できて、本当に幸せだった」と満足そうだった。


サイト内検索