大阪ニュース

周辺はイチゴ一色 大阪駅地下街 栃木県が魅力PR

2022年1月15日

 半世紀にわたってイチゴ生産量日本一を誇る栃木県は14日、大阪市北区の大阪駅前ダイヤモンド地下街で、主力の「とちおとめ」や「スカイベリー」「とちあいか」の3品種を販売する記念イベントを始めた。いちご大福、いちごどら焼きの加工品も用意し、一帯をイチゴ一色に染めている。15日まで。

イチゴ生産量日本一をアピールする栃木県のイベント会場=14日、大阪市北区

 2018年にイチゴ生産量50年連続日本一を記念し、栃木県は1月15日を「いちご王国・栃木の日」と設定。都市部からの誘客を図っている。

 栃木県大阪センターの石井達也・副センター長は「これを足がかりに栃木県の魅力を関西で伝えていきたい」と話している。


サイト内検索