大阪ニュース

大阪経済大・高井ゼミ生ら 高齢者にスマホ操作指導

2022年5月11日

 大阪経済大(東淀川区)の人間科学部・高井逸史ゼミの学生らは、高齢化が進む堺市南区の泉北ニュータウン新檜尾台地域会館で、地域のスマートフォン相談員を養成する「第1期スマホマイスター養成講座」を開いた。70代の受講者12人は講師を務めた学生から楽しい雰囲気の中でスマホの操作などを学んだ。

フレンドリーな雰囲気の中、学生からスマホの操作を学ぶ70代の受講生ら

 同講座は学生が講師となり地域の「スマホマイスター」を養成。高齢者がスマホの相談を気軽にできるようなコミュニケーションの場を、住民らが主体となって作っていけるようにすることが狙い。

 4月23日、30日の2日間、実施。同ゼミの学生が講師となってマンツーマンで指導した。受講生らはLINE(ライン)の活用やQRコードの読み取り、動画投稿サイトユーチューブの視聴、スマホ決済の方法のほか、詐欺などの犯罪防止について学んだ。

 受講者は「ラインがスムーズに使えるようになったので、娘に写真とメッセージを送ってみたい」と笑顔。学生らも「スマホでも使う人や用途によってデジタル格差が生まれることを知った」や「フレンドリーで話しやすかった。82歳のおじいちゃんがツイッターを利用していたことに驚いた」と振り返った。

 高井教授も「アンケートに質疑応答の内容を持ち帰り、共通点や今後教えていく際のポイントなどを抽出し、講座もアップデートしていきたい」と話した。


サイト内検索