大阪ニュース

科学の楽しさ感じて 大工大 8月に高校生プログラム

2022年6月9日

 大阪工業大(大阪市旭区)は8月20日、大学の研究や科学の楽しさを高校生に分かりやすく紹介するプログラム「虹色に輝くプラスチックを作ってみよう!」を行う。定員は先着20人、参加無料。

講義や実験で学ぶプログラム

 日本学術振興会科学研究費助成事業「ひらめき☆ときめきサイエンス〜KAKENHI」の一つで、最先端の研究成果を子どもたちがじかに見て、聞いて、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラム。

 講師は同大工学部応用化学科准教授の平井智康さんら。スケジュールは午前10時10分〜10時50分=講義(1)「自己組織化とはなんだろう?」▽同11時〜正午=講義(2)「高分子とは?重合とはなんだろう?」▽正午〜午後0時半=ランチタイム(大学で用意)▽同1時〜2時10分=実験(1)「高分子を作ってみよう」(保護メガネ、白衣着用)▽同2時20分〜3時半=実験(2)「自己組織化構造を観察してみよう」(同)▽同3時40分〜4時=フリーディスカッション▽同4時〜4時半=未来博士号授与式。

 申し込みには保護者の同意が必要、定員に達した時点で締め切り。場所は同大大宮キャンパス10号館1階。問い合わせは同大研究支援・社会連携センター、電話06(6954)4140。


サイト内検索