大阪ニュース

府認定広報PR講座の修了生 記者に自社製品宣伝

2022年7月5日

 一般社団法人地方PR機構が主催する「熱血リーダーのビジネス記者発表会」が大阪市内で行われ、大阪府認定広報PR講座を修了した会員企業の代表ら5人が、本物の新聞やテレビ、雑誌の記者らを相手に自社開発製品を宣伝した。

熱血リーダービジネス発表会に参加した企業経営者ら

 コロナ禍による会合開催規制が緩み、参加したメディア12社16人の記者らをはじめ、会員企業などがPR講座を受講している豊中、高槻、茨木などの商工会議所、公的金融機関の関係者らも参加。

 コロナ禍で売れ残ったイチゴを買い取って加工した新製品「大阪いちごサイダー」や、持続可能な開発目標(SDGs)の観点からクッキー素材による食べられるカップ、普段は学校で児童生徒用椅子のクッションとして使い災害発生時は防災頭巾となるシートなどユニークな商品をPRした。

 同機構の殿村美樹代表理事は「商品開発の技術を持った者が自らPRするのが一番的確で分かりやすい。そのためのテクニックとPRポイントを実践で学んでもらい業界のリーダーに育ってほしい」とアドバイスしていた。


サイト内検索