大阪ニュース

豊中十七、北豊島、玉川8強 大阪中学校優勝野球中央大会

2022年8月3日

 「第73回大阪中学校優勝野球大会(準硬式)」(大阪日日新聞後援)の中央大会第3日は2日、東大阪市の花園中央公園野球場で1回戦3試合を行った。豊中十七(豊中市)、北豊島(池田市)、玉川(東大阪市)がそれぞれ勝って8強が出そろった。昨秋、今春の優勝校で3大会連続優勝を狙った交野三(交野市)は北豊島に敗れて初戦で涙をのんだ。

1回戦・豊中十七―大正 豊中十七は六回、暴投で三走・後藤が本塁に生還し8点目を奪取

 豊中十七は1点差に詰め寄られた六回に、畑仲裕の適時打などで2点を加えて突き放した。北豊島は初回に2点を先制すると、五回には河本のランニング本塁打を皮切りに3安打を集め、敵失も重なって4点を奪い試合を決めた。玉川は三回に谷口、田辺の連続適時打などで3点を先制。交野四(交野市)は五回に2点差に迫るも届かなかった。

 準々決勝4試合は4日に同球場で行う。

 ▽1回戦

豊中十七  9−6 大   正
    (六回時間切れ)
北 豊 島 6−1 交 野 三
玉   川 6−3 交 野 四
    (六回時間切れ)

サイト内検索