連載・特集

大森均の釣れ釣れ草


小浜沖「イカダイ」初挑戦

マダイ72センチゲット!
 一概に釣り船と言っても業態はさまざま。基本は釣れている魚に合わせて営業(釣行)プランを組み立てることが原則であるが、同じ海域では同じ時期に同じ魚が釣れだすので船頭の熱心さや腕前、...
2021年7月30日

釣り教室で基礎を学ぼう!

〜平磯海釣り公園で波止場の実釣編〜
 我流で釣りをしていると、よほど天性の素質がない限り上達しない。何より釣りは基本が大切であるが、本で読む知識よりその必要な局面で実際の指導を受けると吸収の速さも深さも違う。最初の師...
2021年7月16日

現代中国の釣り事情

 中国の古いことわざに「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。永遠に、幸せになりた...
2021年7月9日

香住柴山港のイカメタル ボリューム感たっぷり大剣

 香住沖で釣れる胴長40センチに及ぶ大型のシロイカ(剣先イカ)は、山陰の初夏の風物詩だ。その大きさと好敵手への敬意を込めて「大剣(ダイケン)」と呼ばれ、釣り人の垂ぜんの的となってい...
2021年7月23日

家島群島キスの船釣り

糸造りは絶品!
 キスは、魚偏に喜ぶを当てて「鱚」と書く。ほぼ日本全域に生息し、沿岸の砂地に好んで棲(す)んでいる。天ぷらのタネとして東京では江戸時代から欠かせないもので、大きなものは焼き物として...
2021年7月2日

釣れ釣れ草 2021中期予報!夏

 特注◎は、明石のタコ。すでに2キロクラスを含んで10〜20パイが連日のように釣れているからたまらない。
2021年6月25日

あっぱれ!少年釣り師イシダイ2尾!

〜長崎県五島列島玉之浦にて〜
 イシダイは「幻の魚」と言われる。7本の太い縦縞(しま)がおなじみの魚であるが、50センチを超える成魚になると縞が次第に薄くなる。特にオスは尾部周辺にわずかに縞が残る程度になり、口...
2021年6月18日

マダイ釣り二景

日本海宮津沖と太平洋日の岬沖で
 マダイ最盛期ともいうべきこの時期に、当紙の気配の欄を輪番で担当する松田勝也さんが和歌山日の岬沖のトフにてタイラバで、清水智之さんが京都宮津沖冠島周辺にて完全フカセで、ベテラン2人...
2021年6月11日

2021アユ開幕!

 待ちに待ったアユ釣りシーズンが到来した。毎年、5月26日から関西の有力河川が解禁したが、待ちきれないファンのために数年前から5月1日の早期解禁が有田川と日高川でスタートしている。...
2021年6月4日

サイト内検索