大森均の釣れ釣れ草

2020アユ解禁事情

総じて天然遡上は順調
2020年5月29日
鮎釣り風景

 「今年のアユの解禁はどうする?」

 新型コロナの感染が拡大を続ける緊急事態宣言前の3月末、各地の漁協では解禁について悲観的な意見が交わされていた。有力河川の漁協では、解禁期間のアユの入川料が最大の収入源であり、相当深刻な問題であったことが察せられる。

 アユは、晩秋に河口で産卵し、死に絶える。孵(ふ)化した子は海に下り、沿海域を群泳して越冬する。その間、年魚のアユは川に1尾もいなくなる。春になり川の水がぬるむと、5〜7センチに成長した稚アユは川を遡上(そじょう)する。これを天然遡上と言うが、多い年もあれば少ない年もあり、自然にまかせていると、釣果が安定しない。

 そこで漁協は、稚魚を早期から放流し、釣果の安定的拡大を目指して「よく釣れる川」との評価につなげる努力を続けてきた。すでに種苗の買い付け契約を終えて、解禁が迎えられないことは漁協にとって死活問題であった。

▽佳境は7月から

 まれに5月初旬から早期解禁をする河川もあるが、まだ小ぶりな魚が多い。シーズンインは6月からで、中旬を迎えるころには全国の多くの河川で開幕を迎える。それでもアユは成長途上。本当のアユ釣りの佳境は7月からだ。その意味では第2波の大きな感染拡大が起こらない限り、今年の解禁はきわどいところで間に合ったと言える。

▽一雨降って

 3月中旬あたりには和歌山の各漁協とも総じて「例年並み」との符号した答えであったが、4月23日に和歌山の日高川漁協は「280尾遡上確認、順調」と、上方修正。ここから推して和歌山の各河川は総じて例年よりやや良さそう。

 しかし、14年前の2006年の解禁当初は、どの河川も天然遡上は良好にかかわらず、例年にない不漁が報告された。「遡上状況がいいのに、こんなに釣れなかった解禁初期も珍しい」と当時の某漁協組合長は首をかしげたが、一雨あって数日後、各河川から符号した好転の釣果が報告された。

 こんな諸状況から判断すると、現在は釣況にムラがあるが、一雨降ってアカが付くと入れ掛かりの大爆釣も予想される。

▽日日推0奨2河川

 川での現場徴収は、通常の料金より割り増しになることはご存じのとおりであるが、楽しい釣りで嫌な思いをしないためにも入川券は事前に購入しよう。

 ■日置川

 年券1万1千円(顔写真必要)、日券3300円。問い合わせは電話0739(53)0023、日置川漁協。

 ■日高川

 年券1万4300円(顔写真必要)、日券3300円。問い合わせは電話0738(52)0224、日高川漁協。

週末のイチオシ気配

■船(1)■阿尾・和歌山

 日の岬沖のトフに出船してイサギが急上昇。同魚25〜40センチ50〜80尾見込める。ハリス3号、テンビン3本針、オモリ120号。要予約。▽岬旅館=電話0738(64)2975

■船(2)■東二見・兵庫

 マダコ順調。同魚30パイ(0.4〜2.0キロ)見込める。8月に向けて日に日に上昇。タコエギ。オモリ50号。要予約。▽俊郎丸=電話078(942)2749

■船(3)■西宮・兵庫

 海峡サビキ便でマダイ堅調。27日、同魚30〜45センチ8尾がトップ。同サイズ7尾が2番竿。潮によりハマチ2〜5尾。要予約。▽釣人家=電話090(8794)1091

■船(4)■笠甫・和歌山

 アコウダイ好調。同魚45〜70センチ5〜8尾。潮により落とし込みに狙い切り替えるので要確認。落とし込みもヒラメ、オコゼ、ガシラがお土産程度は期待できる。要予約。▽丸十丸=電話075(952)2375

■磯(1)■大引・和歌山

 グレ上昇気配。30〜45センチ5〜10尾。アシカの子、ヒジキの裏チョボ、オオクラなどの実績場が有望。水温19〜20度。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■家島・兵庫

 家島でチヌの気配がさらに上向き。連日チヌの25〜45センチが5〜10尾程度と安定している。他に波止からマダイ40〜50センチが2〜5尾狙える。▽進鉱渡船=電話0792(73)6226

■ボート■由良・和歌山

 レンタルボートを使ってキス、チャリコが期待できる。キス12センチ〜25センチを20〜40尾とチャリコ15〜25センチ5〜10尾。エサは石ゴカイか青イソメ。要予約。▽尾張屋=電話0738(65)1006

■波止(1)■大阪・大阪北港

 落とし込みのチヌ絶好調。年無し連日登場。27日、同魚40〜52センチ19尾、35〜53センチ14尾などの釣果出ている。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■波止(2)■武庫川一文字・兵庫

 タコジグでマダコ釣れ始める。27日、2〜5番で同魚100〜500グラム52ハイ。他に落とし込みでチヌ40〜50センチ2〜5尾(イガイ)。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

 (大阪日日APG 川崎禎昭)



サイト内検索