大森均の釣れ釣れ草

盛期突入!キスの船釣り

淡路島西淡町伊毘で30尾
2020年6月12日
豊満ボディーのキスなどを釣り上げた当日の大西さんの釣果

 シロギスは、沿岸の砂底地に多く棲(す)む。食べておいしく、サイズの割には小気味よい引きを見せ、釣りとしても手軽でおもしろい。透き通るようなパールピンクの魚体がかわいらしく、それは、まるで妖精のよう。冬に深場で越年し、春から夏にかけての産卵期は浅場に移動するため、砂浜からの投げ釣りの対象魚としてビギナーにも釣りやすく人気が高い。

 片や、船からの釣りは、群れる習性のあるキスを探しながら釣るので数が稼げ、かつ、良型が期待できる。6月から8月いっぱいにかけて各地でキス狙いの仕立て船が出て、根強いファンの人気に応えている。潮が良ければ、良型がそろって60、70尾の釣果が飛び出すのもこれからのシーズンだ。

▽25センチの豊満ボディー

 大東市に住む大西宏治さんは、同じ磯釣りクラブに所属する釣友から「淡路で大きなキスが釣れていますが、あさっていかがですか」と誘いを受けた。

 2日、午前3時に大阪を出発し、一路淡路島に向かった。約2時間で目的の西淡町伊毘漁港に到着。

 伊毘は、鳴門に渡る大鳴門橋の淡路島側の付け根に当たる場所に位置していて、漁港の沖合から鎧崎、弁天島にかけての4キロメートル四方ほどの海域がキスの釣り場になっている。

 大西さんたちは、5時半に出船し、まずは大鳴門橋の全景が見える漁港の沖合から釣り始めた。右舷側に釣友の山田さん、左舷に大西さんがそれぞれ釣り座を構えた。

 「水深は30メートルほどありました。着底を確認して聞くように穂先を持ち上げてみると1投目から『ブルッ!ブルッ!』と、キス独特の明快なアタリが伝わりました。水面を割って姿を見せたキスは、1年ぶりにお目にかかる25センチほどの豊満ボディーでした。一気にやる気が出ました」

 これがスタートの号砲であったかのように続けてサオが曲がり始めたという。しかし、仲良く3尾ずつ釣ったところでアタリがバッタリなくなったらしい。アタリが遠のくと移動をして、また探る。こんなことを繰り返して納竿間際には港近くまで移動をしていた。

 「10カ所ほどポイントを移動しましたが、アタリが偏ってあったポイントは3カ所でした。反応がない時は速攻で移動。見切りを早くつけて次々移動することが船頭の腕のようです。この日は、あいにくキス30尾余りにチャリコが数尾の釣果でしたが、山田さんは50尾ほど釣られたようです。キスは梅雨明けがピークで、60〜80尾の釣果が普通に聞かれます。これからが、絶好のチャンスです。今日、山田さんとの差が出た要因を考えると、二つのポイントがあったように思います。一つは、私は市販の全長90センチ仕掛けでしたが、山田さんはそれより30センチ長い自作の仕掛けでした。それに赤の着色オモリが私との相違点でした」とのこと。

 さすがベテランの観察眼は鋭い。「この推理を確かめるために今月中に再チャレンジします」とおっしゃった直後、「推理しようがしまいが、毎年6月には2回行きますが…」と、大西さんはほほ笑んだ。

週末のイチオシ気配

■船(1)■三国・福井

 16日より玄達瀬解禁!ヒラマサ、マダイなど超大物で魚種多彩。全日コース午前5時から午後5時、半日コース午前5時から午後1時半。要予約。▽越前FC=電話0776(22)1095

■船(2)■印南・和歌山

 イサギ好調。同魚28〜40センチ50〜70尾が連日の竿頭。ハリス3号、テンビン4本針、オモリ100号。要予約。▽仲政丸=電話0738(24)1844

■船(3)■東二見・兵庫

 マダコが安定。連日、同魚0.4〜2.5キロ25〜60パイ。今年は良型多く交じる。タコジグ、オモリ50号。要予約。▽岩澤丸=電話078(942)1889

■船(4)■家島・兵庫

 キス上昇一途。連日、船中同魚15〜25センチ25〜50尾。エサは石ゴカイ。サオ2.1〜2.4メートル、8〜9号2〜3本針、オモリ15〜25号。要予約。▽山本丸=電話079(326)0238

■磯■尾鷲・三重

 梅雨グレ本番。全天候型の尾鷲は逃げる場所があるのでオススメ。8日、グレ28〜38センチ8尾。エサ盗りはコッパグレ。水温23〜24度。▽宮城野渡船=電話090(2186)3313

■筏■由良・和歌山

 チヌ好調。連日の竿頭、同魚25〜45センチ2ケタ釣果続く。9日、同魚29〜44センチ9尾。他にレンタルボートでキス15〜25センチ30〜40尾期待できる。▽尾張屋=電話0738(65)1006

■SW■大阪湾全域・大阪

 まとまった雨の後、各河口付近でハネの爆釣必至。大量の雨でエサになる小魚などが押し流されてくるものを待ち受けているため、小河川の河口がポイント絞込みやすい。▽マックス岸和田=電話072(436)2828

■波止(1)■武庫川沖一文字・兵庫

 タコジグを使った探り釣りが大阪湾でマダコ上昇気配。100〜500グラム20パイ。これから日に日に上向く。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

■波止(2)■妻鹿・兵庫

 グレのフカセ釣り堅調。5番テトラ側で同魚22〜32センチを20尾。これからさらに釣果安定する。エサはオキアミ。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

 (大阪日日APG 清水智之)



サイト内検索