大森均の釣れ釣れ草

サビキでタイ釣る鳴門釣り

2020年10月23日

58センチを頭に8尾の大釣り!

田口さんが釣り上げた58センチのマダイ

 タイほど日本人に愛され親しまれた魚はいない。とにかくおいしい。そのことは、他の魚に比べて臭みや脂肪分のクセも少なく、鮮度の劣化が遅いことも無関係ではないようだ。神事などにも使われ、ことわざにも多用されるほど生活に浸透している。小さな元手で大きな利を得ることを例えた「エビでタイを釣る」、落ちぶれてもそれなりの値打ちがあることの「腐ってもタイ」などは古くから広く用いられている。

 日本では淡泊で上品な高級魚と評価されていても、逆に諸外国ではその淡泊さが好みに合わないようで評価が低い、と聞く。

 漁場としての鳴門海峡は、明石海峡と並んで国内でも有数のマダイ釣り場として知られている。鳴門ダイ、明石ダイは格別のブランドで、速い潮流の中で育ったマダイは身が引き締まり、その味はすこぶるおいしい。

 マダイ釣りは、地方によりエサ使いと釣法に特色がある。千葉外房の「ひとつテンヤマダイ」、伊勢近辺では生きたウタセエビで釣る「ウタセマダイ釣り」、和歌山や若狭ではオキアミを使った「天秤ズボ釣り」、そして、胴突きサビキ仕掛けを使う「鳴門釣り」などが知られる。また、近年、タイラバ釣りの大流行は、さしずめマダイのルアー釣りというところか。

▽桜色の魚体が反転

 18日、兵庫県伊丹市の田口浩一さんは、早朝6時にマダイを狙って亀浦港を出た。普段はバス釣りオンリーの田口さんも、生まれて初めてのマダイ釣りに期待が膨らんだことは想像に難くない。

 釣り客は田口さんを含め総勢4人。左舷中央の左側に田口さん、他の3人は右舷と船尾にわかれて陣取った。「渦潮の外側を走りしばらくして着いたポイントは、実績のある場所のようで船頭も自信がありそうでした」と田口さん。しかし、田口さんはすでにポイントに着くまでに軽い船酔いが襲い、最後まで持つかどうか不安だったらしい。

 「とにかく釣り始めましたが、気配がありません。船尾の釣り人だけが、35センチほどのマダイを1尾釣ったのみで、他の3人には3時間あまりまったくアタリすらありませんでした。こうなると、一層の船酔いも感じてきます。今日は釣果なしかと思いかけた、その時でした。『ゴツッ、ゴツッ!』。大きく合わせました。掛け合わせた当初は、それほど大きくないと思って強引なやりとりをしましたが、途中からその引きの強さに急に慎重になりました。ようやく5メートルほど先の水面近くでキレイな桜色の魚体が反転しました。『大きい!』。この瞬間、周囲から声が出ました」

 その語り口から興奮が伝わってくる。めでたくゲットした立派なマダイは、この日の最長寸の58センチ。ここから、田口さんの快進撃が始まった。田口さんだけが竿(サオ)を曲げて46センチ、44センチ、38センチと立て続けに4連発。「いつの間にか船酔いをしていたことも忘れていました」と田口さんは笑う。

 午後1時の納竿までマダイ35〜58センチ8尾と、この釣りでは大釣りと言える部類の大漁だった。右舷の人が4尾、船尾の2人が2尾ずつという結果からも、この日、釣りの神様は田口さん一人にほほ笑んだようだ。

週末のイチオシ気配

■船(1)■泉佐野・大阪

 タチウオ上昇。神戸沖に出て80〜105センチ20〜30尾期待できる。21日、同魚75〜100センチ52尾。タチウオテンヤ40号使用。要予約。▽海新丸=電話0724(69)2332

■船(2)■須磨・神戸

 メジロ&ハマチ&ブリ好調。20日、同魚55〜70センチ11尾。21日、タチウオ70〜95センチ51尾。潮により狙いを切り替えるので要確認。要予約。▽仙正丸=電話078(731)4536

■船(3)■石鏡・三重

 ウタセマダイ堅調。直近の釣れ方(マダイ25〜65センチ10〜20尾)から見て同様の釣果が続きそう。日によりハマチも3〜5尾交じる。要予約。▽三幸丸=電話0599(32)5604

■磯(1)■大引・和歌山

 フカセ釣りでグレ好調。アシカの子、ヒジキで同魚25〜40センチが5〜15尾期待できる。20日、ヒジキでグレ28〜35センチ13尾。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■紀伊長島・三重

 底物期待できる。イシダイ、イシガキダイ40〜50センチが1〜4尾。20日、ウワテ磯でイシダイ59センチとイシガキダイ48〜50センチ7尾。アタリ頻繁。▽石倉渡船=電話05974(7)0712

■筏■本浦・三重

 チヌ上向く模様。21日、寺浜筏で同魚25〜41センチ8尾。エサはシラサエビ、オキアミ。エサ盗りの状況はフグ、ボラ、チャリコなど。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■波止■妻鹿・姫路

 グレ釣れている。20日、オキアミをエサにフカセ釣りでグレ20〜30センチ15尾とチヌ37〜38センチ2尾(5番)。他に呑ませ釣りでハマチ60センチ前後1〜3尾。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■投げ■垂水西舞子海岸・兵庫

 垂水の西舞子海岸でカレイの第1波が接岸。20〜30センチのマコガレイが主体で、40センチ級の一発が期待できる。エサ盗り多いので、仕掛けのこまめな点検を。▽まるは垂水店=電話078(705)0841

 (大阪日日APG 錦 剛司)



サイト内検索