大森均の釣れ釣れ草

同じ釣り場に通う理由

2021年3月19日
自然の濃い五島なら、こんな景観も含め満足が得られる

 20年ほど前になろうか、大西満名人と磯釣りに向かう道中「大森さんのクラブの人たちの中にも磯釣り以外にかかり釣りをする人たちがいるようですが、どのあたりに行っておられるのですか?」とお尋ねがあった。かかり釣りとは、筏(いかだ)から短竿(ざお)で団子に食わせエサを埋め込んで直下のチヌを狙う関西発祥の伝統の釣りだ。

 「和歌山の〇〇筏が専門です」とお答えすると、驚いたかのように「なんでそんな釣れないところに行っているのかなぁ?」と、不思議そうに首をかしげられた。当時、KさんとNさんは、かかり釣りはそこでしかできないかのごとくその釣り場一筋に通っていた。大西名人がホームグラウンドにしている釣り場での1日分の釣果が、2人の1年分の釣果を足して同じ程度と知った名人は「そんなことを聞くとつい親心が出てしまうなぁ」と、哀れむようにつぶやいた。

 その数日後、名人がホームグラウンドにしている筏で、KさんもNさんも1日で過去の1年分の尾数を釣り上げた。もちろん、釣り方の指導をしていただいたことも含めての成果ではあるが。

 後日、2人に「どうしてあの釣り場ばかり通っていたの?」と聞くと、「かかり釣りを最初に教えてくれた人があそこの常連だったので。それに初めてチヌを釣り上げたのもあそこでしたし…」。

▽釣種によってそれぞれ

 釣り師は「この釣りはここで」「あの釣りはあそこで」と、釣種によってそれぞれお気に入りの釣り場が必ずあり、固定化していく。その釣り場が気に入った動機も千差万別。ある程度は、その根拠を理解できるが、「なんでそんな釣れないところに出かけるの?さっぱり分からん」と、お気に入りの理由を疑問に感じることもある。

 これはもう「あんな醜男のどこがええねん?あの愛嬌(あいきょう)のない女のどこが好きなん?」という男女の関係とほとんど変わりがない。好きな理由は、どこに隠されているか他人ではうかがい知ることは難しい。しかし、周辺のさまざまな理由があるにしても、その公約数的共通項は、記念すべき最初の1尾を釣り上げた釣り場、自分はその場所で人より多く釣れた、また、記録的な大物が釣れたなどの理由が終生のお気に入り釣り場になることがほとんどと言っても過言ではない。

▽二十数年前の衝撃度

 その私も例外ではない。初めて五島列島に出かけて初日に50センチ前後のグレを2尾しとめた。それまで、和歌山や三重ではやっと40センチ、宇和海に出かけてようやく45センチと、幾度となく釣行を繰り返してもその上限には限界があった。意外なほど簡単にクーラー満タンの釣果を得た中に50センチに及ぶグレが2尾交じった。「五島でも50センチは度々あるものではないから魚拓でもとっておいたら…」と、好意のアドバイスにも「これから通いますから60センチを超えてから」と、余裕シャクシャクで笑い飛ばしていた。その後、100回近い五島釣行の中でも、60センチを超える幸運には出合えていない。それでも行く。

 通う間に親戚に準ずるような人間関係が生まれ、故郷のように出かける釣り以外の魅力もあるとはいえ、最初に五島に訪れた二十数年前の衝撃度が同じ釣り場に通う大きな動機になっている。

週末のイチオシ気配

■船(1)■明石・兵庫

 ガシラ堅調。17日、ガシラ18〜28センチ30尾とメバル22〜30センチ14尾が竿頭。別船では、ショウサイフグ25〜40センチ10尾。要予約。▽名田屋乗合船=電話078(912)7211

■船(2)■阿尾・和歌山

 イサギ上昇気配。17日、同魚28〜38センチ31尾が竿頭。竿2.1〜2.4メートル、オモリ100〜120号、吹き流し3本針。要予約。▽共栄丸=電話0738(64)2318

■船(3)■北港・大阪

 半夜便のメバル&アジ堅調。メバル16〜25センチ10〜15尾とアジ20〜28センチ10〜20尾。15:00〜17:00集合。オモリ30号。要予約。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■磯(1)■栖原・和歌山

 チヌ上向き。かるも島、鷹島などでチヌ35〜50センチがいい人で2〜5尾見込める。場所によりグレ25〜30センチ2〜5尾、マダイ35〜55センチが1〜2尾交じる。▽かるも丸=電話0737(62)3527

■磯(2)■袋・和歌山

 ヤエンのアオリイカ期待。今週末は、南紀一帯で水温17度を超え磯で大型続出必至。完全予約制。▽かわばた渡船=電話0735(62)0052

■筏■戸津井・和歌山

 チヌ大型期待。17日、湾内筏で同魚35〜42センチ5尾。ハリス2号、チヌ針5号、エサはオキアミ。▽つるしま丸=電話0738(66)0234

■波止■西宮ケーソン・兵庫

 ハネ上昇。北港、南港、泉佐野、尼崎、西宮浜、ポートアイランドなど大阪湾全域で上向く。60センチまでのハネがいい人で4〜6尾。タナは3.0ヒロ前後。▽MAX武庫川店=電話06(6411)4848

■投げ■アジュール舞子・兵庫

 戻りカレイ期待。須磨から明石にかけて第一陣ともいえる釣果があった。25〜35センチ2〜5尾見込める。上昇必至。エサは青イソメ。▽MAX垂水店=電話078(753)3838

■渓流■日高川・和歌山

 寒川でアマゴ13〜22センチ20〜30尾。西垣内で13〜23センチ30〜40尾など。大熊上流も30尾程度期待できる。総じて例年並みの釣果は期待できそう。▽日高川漁協=電話0738(52)0339

 (大阪日日APG 錦 剛司)



サイト内検索