大森均の釣れ釣れ草

−死の防波堤−

ライフジャケットを着用しよう
2021年4月23日
この快晴を信じて出かけても海の様子は異次元の大時化

 この稿を起こす2日前、朝の情報番組で釣り人なら思わず見入る映像が飛び込んできた。有刺鉄線を乗り越え、立ち入り禁止の防波堤に侵入する釣り人の無法ぶりが映し出されている。ここで登場した茨城県鹿島港は、これまで死者70人以上出している「死の防波堤」として、聞き覚えがある危険な場所だ。

 防波堤一帯は、すべて立ち入り禁止になっており、門や関係者が使う階段にも二重で鍵が掛けられている。もちろん、門の脇には警告の看板が設置されている。しかし、続々と釣り人が来る。取材班が現場に訪れた際には20台以上の車が集まっていたらしい。

 「えっ?!」。取材スタッフの目前で堂々と合鍵で侵入しようとする3人組。どうして鍵を持っているのかと尋ねると「皆、持ってるから」と衝撃の一言を放った。近年、この防波堤の事故は、すべて不法に侵入した釣り人の転落事故という。波にさらわれて転落した場合、海上保安庁とともに地元漁協が仕事を中断して救助に向かうとも併せて報じられていた。

▽迷惑の極み

 こんな話もある。

 福井県越前町の防波堤で「夜釣りをしていた釣り人の姿が消えている。クーラーボックスや道具がそのままになっている」と、現場近くに住む人から通報があった。通報を受けた海上保安庁は、警察と連携し現場に急行。防波堤の先端に陣取るかのように立てかけられた釣り竿(ざお)、使いかけのままで置いてあるエサ、灯標に掛けられた上着。つい先ほどまで、この場所で誰かが釣りをしていたかのような状況に、波高4メートルの大時化(しけ)の中、巡視艇が捜索を開始した。

 そこに、現場に放置された道具の持ち主の友人が現れ、事情を聞くと「昨日の夜からこの場所で釣りをしていたが、次の日もこの場所で釣りをしようと、場所取りのために道具をそのままに自宅に戻っている」とのこと。好意で通報してくれた人、大時化の中で捜索をした海上保安庁の人たちにとって事故ではなく一安心ではあったが、釈然としない迷惑の極みともいえる結末になった。

▽毎年約100人が

 この20年を平均すると、全国で毎年約100人が釣りの最中に亡くなっている。年に一度は釣りにおける事故や安全対策などの記事を書くように計画しているが、突き詰めるところ釣り人のマナーの問題になる。とにかく、われわれ釣り人が心しなければならないことは、釣りにともなう最大の危険は、水中転落であるという再度の認識だ。

 転落事故が多いのは波止のテトラ釣りといわれているが、死亡事故の多いことはあまり知られていない。これは救命具の着用率が低いという単純な原因による。「波止釣りぐらいでたいそうな」と考えず、送り出した家族の心配を軽減するためにも、必ずライフジャケットを着用しよう。

週末のイチオシ気配

■船(1)■北港・大阪

 神戸沖に出ている半夜のメバル&アジ堅調。16〜25センチ10〜20尾にマアジ25〜28センチ10〜20尾。15時30分集合、帰港22時まで。要予約。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■船(2)■小島・大阪

 淡路沖に出るクログチ大型交じり妙味ある。40〜55センチ15〜20尾見込める。胴突き2本針。エサはイカの切り身。要予約。▽恵比須丸=電話072(495)0591

■船(3)■比井・和歌山

 日の岬沖のトフに出てイサギとアジが上昇気配。イサギ27〜37センチ10〜25尾とアジ30センチ級30〜40尾。オモリ120号。要予約。▽岬旅館=電話0738(64)2975

■磯(1)■大引・和歌山

 マダイ良型(60センチ超)がフカセ釣り、カゴ釣りともに期待。太仕掛けで。タナはフカセ釣り6ヒロ、カゴ釣り10ヒロ前後。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■尾鷲・三重

 チヌ良型期待。チヌ45〜50センチ1〜5尾にグレ30〜35センチ1〜3尾交じる。年なし(50センチ超)高確率で出合える。▽宮城野渡船=電話0597(22)1347

■筏■本浦・三重

 小田浜の筏でチヌ上向き。同魚25〜45センチ5〜10尾。エサはボケ&オキアミ。水温が上がってくる昼からの方が狙い目。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■波止(1)■武庫川一文字・兵庫

 4〜5番内外でエビ撒き釣りでハネの釣果上向く。40〜60センチ2〜7尾見込める。日によりチヌ35〜45センチ2〜3尾交じる。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

■波止(2)■和田防・神戸

 フカセ釣りでチヌが釣れている。いい人でチヌ35〜50センチ3〜8尾程度。サシエ・マキエともオキアミ。一番船出船5時。▽河内渡船=電話078(671)0677

■バス■琵琶湖・滋賀

 いよいよ水温の上昇に伴って釣果も比例。連日50センチ台後半がヒットしている。例年のデータからもそろそろロクマル登場するころ。▽小林貸船釣具店=電話077(522)6347

 (大阪日日APG 清水智之)



サイト内検索