大森均の釣れ釣れ草

あっぱれ!少年釣り師イシダイ2尾!

〜長崎県五島列島玉之浦にて〜
2021年6月18日
船長も「冷静沈着」と認める田端啓二君が初挑戦で釣り上げたイシダイ2尾

 イシダイは「幻の魚」と言われる。7本の太い縦縞(しま)がおなじみの魚であるが、50センチを超える成魚になると縞が次第に薄くなる。特にオスは尾部周辺にわずかに縞が残る程度になり、口の周辺が黒くなる。片や、メスは老成しても縞が残り、人間の女性のように容姿を変えないよう外見を精いっぱい維持し続ける。

 60センチ以上の大型魚に出合うことがほとんどない一番の理由は、成長が遅いので大きくなるまでに捕獲されたりして無事ではいられないからと考えられる。目の前で60センチ以上のイシダイを釣り上げたのを見たのはたった一度だけ。釣り人が釣果のないことの言い訳を含め、好敵手に対する称賛を込めてイシダイを「幻の魚」と呼ぶ。

▽自分で考えて

 先ほどの話も長崎県五島列島に行くと少し事情が違う。それほど幻でもない。関西の磯釣り師が憧れる五島列島は、島全体が磯釣りのポイントのようなもので、のんびりと釣れることが魅力の釣り天国だ。ここへ行くと、とにかく釣れる。釣れるといってもアジやイワシのように釣れるわけではなく、本州に比べればということで、イシダイの希少さには変わりはない。

 5月30日、田端啓二君(13)は、お父さんと玉之浦の「下のオゴ瀬」でイシダイを狙って釣り座を構えていた。啓二君にとってはこの日はデビュー戦だった。玉之浦は、五島列島福江島のなかでも銘礁を数多く擁する日本一の磯釣りスポットだ。また、お父さんの権吾さんは、この釣り20年の大ベテラン。師匠としてはこれ以上の人はない。条件はそろった。

 「渡礁してみると、この日の潮は今一つよくありません。今日はダメかと少し悪い予感がよぎりましたが、とにかく反応があった14メートルのタナに合わせて打ち返しました。アタリの見極め方を教えていたその最中でした。イシダイ特有の抑え込むようなアタリがありました。息子に『いくよ、いくよ!』と声を掛け準備を万全にさせると、教科書通りに走った獲物を見事掛け合わせました。その強い引きにも慌てることなく落ち着いて対応しています。水面下にくっきり縞模様が反転しました。磯の上に放り投げたイシダイは2キロほどあったようです」と、お父さん。その後、一通りのことは教えたらしい。啓二君は、アタリのあったタナ付近を自分で考えて探っていたと言う。

 潮止まり直前。また来た。「自分でタナを探して針掛かりさせましたが、2尾目は先ほどの魚より強い引きでやりとりに時間がかかっています。この2尾目はオスでした。運が良ければ息子に1尾でもと考えていましたが、私には本命が来ず息子に2尾もくるとは…。帰宅後、すぐにネットでイシダイ釣りの動画を見ていました。楽しかったのでしょう」と権吾さんは苦笑い。

 ◇問い合わせは空港、港への送迎、宿泊すべてをサポートする「翔龍丸」、電話080(5217)5769まで。

週末のイチオシ気配

■船(1)■敦賀・福井

 半夜と深夜便でスルメイカやマイカの乗り好調。潮によるが50〜150パイ見込める。イカメタル、スッテ使用。要予約。▽豊漁丸=電話0770(26)1160

■船(2)■湯浅・和歌山

 イサギ堅調。同魚28〜40センチ40〜60尾見込める。竿2.1〜2.4メートル、鉄仮面100号、エサはアミエビ。要予約。▽玉市丸=電話0737(63)6424

■船(3)■東二見・兵庫

 マダコ上昇気配。同魚0.2〜2.0キロ10〜20パイ前後から30パイに上向くころ。タコエギ50号。要予約。▽西海丸=電話078(942)6480

■磯(1)■湯浅・和歌山

 かるも島の磯でアオリイカ(ヤエン釣り)が釣れている。胴長20〜40センチ2〜6パイ期待できる。▽なぎ丸=電話0737(62)3891

■磯(2)■尾鷲・三重

 グレの食い上向く。割亀などでコンスタントにグレ25〜30センチ5〜20尾釣れている。タナ深く狙えばチヌ1〜2尾交じる。▽柴山渡船=電話0597(22)5566

■波止(1)■妻鹿・兵庫

 フカセ釣りでグレ、チヌ好調。5番テトラ側でグレ23〜30センチ10〜20尾とチヌ25〜40センチ2〜5尾。エサはオキアミ。他に投げ釣りでキス17〜23センチ10尾前後が急上昇気配。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■波止(2)■北港・大阪

 チヌの落とし込み絶好調。連日、夢洲で同魚40〜50センチ10〜30尾と空前の釣れっぷり。他にタコエギでマダコ500グラムまでを15〜30パイ。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■釣り公園■尼崎・兵庫

 サビキ釣りでサバ爆釣。中央外向きで同魚15〜22センチ100〜250尾釣れている。サオ2.4〜3.6メートル、針3号、タナは2〜3ヒロ。エサはアミエビ。▽公園事務所=電話06(6417)3000

■アユ■美山川・京都

 14〜20センチの追いが良好。降雨でいったん約30センチ増水したが、週末は絶好の水況見込む。20尾見込める。▽ひまわりオトリ店=電話0771(77)0123

(大阪日日APG 清水智之)


サイト内検索