大森均の釣れ釣れ草

旬のイサギ釣り 女性釣り師の壁

2022年6月10日
クーラー満タンのイサギを前に島村さん

 私が釣りを始めた半世紀前には、釣り場で女性を見かけることはほとんどなかった。しかし昨今、釣り場で女性を見かけることは珍しいことでは無くなった。それでも国会議員の男女比率には到底及ばない。また、釣種においても磯釣りやアユ釣りのように趣味性の強い危険度の高い釣りのフィールドでは、ほとんど見かけることはない。

 反対にファミリーフィッシングのように高度な技術が必要とされず、安全が担保される釣りには比較的見かけることがある。釣り具メーカーも釣り人口の底辺拡充策として女性の参入にさまざまな試行を重ねているが、これももくろみ通りにはいっていない。

▽大きな壁はトイレ

 女性が入りにくい壁は確かにある。一番大きな要因はトイレだ。海釣り公園のような施設やマス釣り、ワカサギ釣りのような管理釣り場にもトイレが拡充されてきている。こんな釣り場には女性アングラーを見かけるが、波止釣りにはトイレがない。

 逆手にとって、渡船業者がトイレを船内に設備し、1時間ごとに客を渡した際にマイクでトイレの使用を促し「女性も安心」とPRする業者も現れた。その波止は他に比べて、若干女性アングラーが多いように感じる。その点、乗合船にはほとんどトイレがある。これで乗合船には1人や2人の女性を必ず見かけるようになった。

▽なかなかの「通」

 5月23日、枚方市に住む島村貴子さんは、旬のイサギを狙ってなじみの和歌山比井から出る岬丸に乗り込んだ。一般的に女性アングラーが増えたと言っても、女性1人で運転して和歌山まで単独釣行は珍しい。それもイサギ釣りというからなかなか“通”をにおわせる。

 島村さんは、船釣りならタチウオ、イカメタル、メクリアジ、イサギを得意とし、堤防からも穴釣りでガシラやメバル釣りに出かけるという。かつては岸和田一文字で90センチのブリを仕留めたと言うから、これはただ者ではない。

 その端緒は、4年前に同僚に誘われて釣りを始めたというが、その後は、80%は単独で釣行しているらしい。このパターンは、本人の興味の進捗(しんちょく)に周囲の釣り友達がついていけない典型的なケースがほとんどで、私が半世紀で出会った多くの名人上手がこのステップを経ている。

▽抱卵イサギを50尾

 とにかく、港を出て名礁「トフ」に着いて、釣り始めたのは午前5時だった。

 「船長から水深40メートルあたりから釣り始めるようアナウンスがあり、リールのカウンターを40メートルにセットしました。第1投目から『クン!』『クン!』と、イサギ特有の明確なアタリがありました。水面下に見えた魚影は、40センチはあろうかと思える良型でした。この日は、少しアタリが遠のいた時間がありましたが、それでも30〜40センチの抱卵イサギを50尾釣ることができて満足の一日になりました」と島村さんはにっこり。

 この日、偶然にも隣に釣り座を構えていた私の釣友も「釣りは上手です。周囲の男の人たちは20〜30尾釣っていたでしょうが、それよりも彼女は手返しも早くペースが違いました」と感心しきり。

 【岬丸のプロフィル】

 午後8時から利用できる無料の仮眠所はきれいで設備も充実している。加えて下船後の無料の入浴サービス付き。岬丸の問い合わせは電話0738(64)2975「岬旅館」まで。要予約。

週末のイチオシ気配

■船(1)■比井・和歌山

 イサギ好調。8日、午後便で日の岬沖トフに出船して2人で同魚30〜42センチ70尾とマダイ43〜46センチ3尾ハマチ50センチ。要予約。▽岬旅館=電話0738(64)2975

■船(2)■石鏡・三重

 午後便のイシダイ狙い面白い。5日、同魚41〜60センチ6尾。他にハゲ、カサゴなど。オモリ60〜80号。潮次第で狙いを切り替えるので確認を。要予約。▽幸徳丸=電話090(7303)5080

■船(3)■西宮・兵庫

 午後アジ便でお土産確実。同魚20〜30センチ15〜30尾が竿頭。他にマダイ1日便で同魚30〜45センチ1〜4尾とアジ25〜30センチ数尾交じる。要予約。▽釣人家=電話090(8794)1091

■船(4)■須磨・神戸

 タコ期待。今年はどこもタコが今一つ。中でも連日10〜15ハイの竿頭が続く。昼便のタイラバで3日、71センチ上がる。要予約。▽仙正丸=電話078(731)4536

■磯■大引・和歌山

 梅雨グレ本格化。アシカの子でグレ25〜45センチ5〜15尾。5日、同所で同魚30〜45センチ13尾。水温24.5度。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■筏■堂の浦・徳島

 チヌ上向く。8日、ウチノ海の筏で同魚25〜41センチ9尾。エサは、オキアミ、サナギ、生ミック。エサ盗りの状況はアイゴ、フグ、ハゲ、ボラなど。▽斉藤渡船=電話090(3782)0837

■カセ■串本・和歌山

 外洋荒れた後には湾内に入り込んだマダイの大型狙いが期待できる。同魚30〜70センチ1〜5尾。メジロやシマアジ、コロダイなども期待できる。▽河田フィッシング=電話0735(62)3812

■波止■北港・大阪

 引き続き落とし込みのチヌ好調。7日、同魚40〜53センチ10尾が竿頭。他にエビ撒き釣りでハネ40〜60センチ2〜4尾。▽ヤザワ渡船=電話06(6613)1075

■釣り公園■尼崎釣り公園・兵庫

 エビ撒き釣りでハネ40〜60センチが1〜3尾、直下狙いのズボ釣りも同様の釣果。他にイワシ、サッパの回遊あれば10〜15センチが20〜40尾。▽尼崎釣り公園=電話06(6417)3000



サイト内検索