大森均の釣れ釣れ草

突然の立ち入り禁止 波止から釣り人が消える

2022年7月1日
廃業の告知
廃業に伴うホームページ上の告知が痛々しい

 国際貿易港の神戸港は、大型の客船やタンカーなどが終日出入りしている。例年ならこの時季には、神戸港の沖堤や和田坊から「チヌ40センチ超10尾!」や「ブリ呑ませ釣りで90センチ!」など派手な釣果が聞かれる頃だ。また、タチウオの夜釣りの最盛期になると海面に多く浮かぶ幻想的な電気ウキの明かりの数でその人気のほどがうかがえた。

 今年は、波止から釣り人そのものが消えている。そんな神戸港で、怒りがくすぶっている場所がある。

▽今更感

 昨年10月、沖堤へ釣り客を運ぶ渡船業者に神戸市から突然の通知があった。この業者は、30年以上前から兵庫県から遊漁船の許可を取り営業を続けてきた、という。

 その冒頭の一文に強い違和感が…。

 「立ち入り禁止の場所へ渡船をしている遊漁船がみられる」。さらに少なくとも半世紀にわたりその利用を認めて(?)きたのに「防波堤へ侵入した場合には身柄の拘束などに処されることがある」とも記されているではないか。

 翌月には立ち入り禁止の看板が設置されたことで、今年から渡船の営業は休止に追い込まれた。収入が突然ゼロになったこの業者は、海上で仕事をする作業員を現地まで運ぶアルバイトなどをして生計を立ててつないでいるが、先行きが見えない状態らしい。

 県外からも釣り客が訪れる人気スポットで、観光産業として神戸市の観光マップに掲載されていたこともあったというから、渡船業者の「今更感」も納得できる。

▽うすうすは認識

 神戸港管理事務所の言い分はこうだ。

 「使用を許可されていない関係者以外の港湾施設への立ち入りは、荷役作業等への支障や事故を招く恐れがあり、大変危険です。防波堤は、外洋から打ち寄せる波を防ぎ、波浪などから陸を守るために設置された物流のための施設ですので、原則として立ち入り禁止、魚釣りなどの行為についてはできないと定めておりました。侵入者を常時見張っているようなわけではありませんが、そういう事実があったということをうすうすは認識していましたが…」と、渡船業者が存在していたことを認めるようなコメントだ。

▽準備の時間

 私も半世紀前に免許を取って行動範囲が広まった時期に、盛んに出かけた老舗渡船店も例外ではなかった。先代から70年近く営業を続けてきた「河内渡船」2代目店主によると、「立ち入り禁止は法律で決まっていた、と言われればどうすることもできません。ただ毎月の保険料とか経費がいるので廃業も待ったなしでした」と残念そう。

 渡船業者の廃業、転業にたとえ少しでもソフトランディングできるよう、神戸市は5年程度の準備のための時間をあげることも難しかったのだろうか。

週末のイチオシ気配

■船(1)■東二見・兵庫

 

 マダコ堅調。連日0.3〜3.0キロ15〜20パイ前後が竿頭。これからはさらに上昇する。要予約。▽西海丸=電話078(942)6480

■船(2)■小浜・福井

 スルメイカ爆釣。小浜沖の半夜便で、18〜30センチ40〜50パイ前後。潮によりマイカ多く交じる。要予約。▽村古心共丸=電話0770(52)0784

■船(3)■泉佐野・大阪

 淡路沖に出て良型のマアジ好調。同魚30〜42センチ10〜15尾。胴突き3本針。オモリ40号。要予約。▽海新丸=電話072(469)2332

■船(4)■田辺・和歌山

 波浪ブイに出て本カツオ好調。3キロ頭に5〜10尾。群れが居ついている今がチャンス!レンタルタックルあり。要予約。▽海凰丸=090(6242)8507

■磯(1)■切目崎・和歌山

 底物期待。例年、この時期にイシダイ、イシガキダイ複数尾上がる。イシダイ針15号、オモリ30号。エサはウニ。▽庄門丸=電話0738(43)0517

■磯(2)■尾鷲・三重

 グレ25〜35センチ5〜10尾のほか、外道にイガミの大型やマルハゲ、アコウ、ガシラ等お土産多彩。エサはボイル。▽宮城野渡船=電話05972(2)1347

■筏(1)■堂の浦・徳島

 ウタセエビのエビ撒き釣りがスタート。マダイ(35〜65センチ3〜10尾)に加えてスズキ(60〜80センチ1〜3尾)が見込める。▽斎藤渡船=電話088(688)0453

■筏(2)■本浦・三重

 チヌ上昇気配。筏で同魚30〜40センチ2〜5尾。エサはオキアミとサナギ。エサ取りはハゲ、小サバなど。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■波止(1)■南港・大阪

 良型チヌが南港大橋周辺で釣れている。落とし込み、エビ撒き釣りで40〜50センチを1〜2尾。▽Tポート=電話06(6683)7757

■波止(2)■北港・大阪

 タコジグを使ったマダコがさらに上向き。100〜800グラム20〜40パイと全域で好調。8月にかけてさらに上向く。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

 (大阪日日APG 清水智之)



サイト内検索