連載・特集

吉武英行 五感の旅


廃線敷、武田尾

 2016年秋に、利用者の自己責任のもと一般開放されたJR福知山線廃線敷。年配者から子ども連れまで安心して歩けるよう整備され、適度な距離とアクセスの良さ、そして何より渓谷美を中心と...
2021年9月20日

タオルが語るホテルの素顔

 人は足元に生活が表れるという。高価な服を着ていても、靴や足がアンバランスな人を見ると、普段の生き方みたいなものを想像してしまう。ホテルの素顔は、客室のバスルームに備わったタオルか...
2021年8月30日

旅人に教えられる

 真夏の到来とともに、暑中見舞いのはがきが届き始める。夏を感じる一瞬だ。ほとんどのはがきが時候のあいさつが多いけれど、時には封書で近況を知らせてくれるうれしい便りもある。丹後半島の...
2021年8月23日

鳥取、浦富海岸

 日本には絶景と言われる景色は数あれど、「これぞ絶景」と呼べる場所にたどり着いた気持ちだ。ここは鳥取県「浦富海岸」。碧(あお)いという言葉がピッタリと当てはまると思えるほどの美しい...
2021年9月6日

お客の独り言

 旅館に宿泊して何が楽しみといって、食事(料理)ほど楽しみなものはない。今晩はおいしい料理が…と思って夕食を待つのは至福の時である。先日、某有名旅館に宿泊した。
2021年7月18日

岐阜・「モネの池」

 モネの池は2度目の訪問である。まだ世間に知られていない20年程前に訪れた記憶がある。
2021年7月5日

これからの新人教育

 梅雨の真っただ中にあって、衛生面の管理には特に注意が必要な季節。先日、チェーン展開しているアイスクリームショップでカップに入ったアイスクリームを購入した。若い店員はアイスクリーム...
2021年6月28日

香川、善通寺

 梅雨の真っただ中の貴重とも言える晴れた朝、いつもながら衝動的に日帰り旅を敢行。本四海峡大橋で淡路島を縦断し、鳴門大橋からの渦潮を、一般道で小鳴門橋を過ぎ、高松方面への海岸線の美し...
2021年6月21日

お客の言い分

 5月にビジネスで京都に1泊することになった。気象庁は梅雨のはしりという、とにかくうっとうしい曇り空で蒸し暑い日である。ホテルぐらいはゆったりしたところにしたいと思い、インターネッ...
2021年6月7日

サイト内検索