吉武英行 五感の旅

長野、阿寺渓谷に魅せられる

2020年10月19日
幻想的で透明度の高い清流はどこから見ても美しい

 友人に勧められたのも旅に出た理由ではあるが、コロナ禍での圧迫感からの解放を求めてというのが本音の日帰り旅である。名神高速を経て、小牧ジャンクションから中央道へ中津川までは割と近く感じる。中津川といえば木曽路への玄関口、栗きんとんの代名詞でもある。

 中津川インターを出て約30キロの行程は都会を走るほど苦にはならない。景色のせいもあるが、のどかで車を走らせるのが妙に心地よい。ちょいと寄り道して「馬籠宿」に立ち寄ってはみたが、前回は何とも思わなかった坂道が拷問のように感じるのは寂しい。

 駐車場がいまだに無料で使えることがうれしい。馬籠宿で五平餅だけの昼食を終え、目的の「阿寺ブルー」の渓谷へ向かう。国道19号をひたすら進むが、ナビのゴールは19号線上に掲示され、入り口の道さえわからず、1時間ほど悩んでしまう。近くのコンビニの店員さんに教えてもらい、やっと入り口に到達。鉄橋の下を流れる木曽川は美しいと思いながらも、その本流に流れ込む支流が渓谷へのスタートである。

 本流に流れ込む支流が交わるその場所から、もう水の透明度が全く違っていることに驚く。阿寺渓谷キャンプ場までの数キロ、側道から垣間見える川の流れは幻想的なブルーで、透明度の高い水流は今まで見てきた清流と言われる河川の中でも飛びぬけて美しい流れに感動しっぱなしである。

 途中、いくつかのつり橋をすべて渡り歩いてみたが、どこから見ても美しすぎる光景は今でも頭から離れないほど強烈であった。ぜひ、読者の皆さまにもお勧めしたい。渓谷に沿った道路は狭く、対向する場所は数多く設置されてはいるが、安全な速度で走行することが大切であり、マナーであることを忘れないで。

 これからの季節、紅葉と清流は10月下旬から11月上旬であると聞く。「百聞は一見に如(し)かず」−。今秋のドライブはここに決めてほしい。ハズレのない旅になることを約束しよう。(ホテル・旅館プロデューサー)



サイト内検索