霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

コロナ収束願い、華やかに迎春

2021年1月3日
華やかな晴れ着姿の美蘭さん、春名さん、西原さん、村瀬さん、古春さん、崎代さん(左から)=大阪市中央区

 「2021年、あけまして、おめでとうございます」−。本紙芸能面で毎週土曜日連載中の「大阪モデルコレクション」に登場してくれたモデルたちが、新年の幕開けにふさわしい華やかな晴れ着姿で、新春を彩ってくれた。新型コロナウイルスの収束を願い、それぞれの抱負を胸に、2021年のさらなる活躍を大阪城を背に誓った。

((C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN、ヘアメーク=大森未来、衣装協力=千kimono)


古春 智都さん(STADIUM PROMOTION)
 「コロナに負けずに頑張る。ジャンルを問わず、さまざまな間口で活躍できるように、できることはやっていく」
村瀬みずきさん(LUCENT MODEL AGENCY)
「テレビの情報番組の新しい仕事も決まり、今年はもっと忙しくしたい。自分の得意なジャンルを見つけていきたい」
美蘭レンナさん(vanilla。 model management)
「今年は芸にさらに磨きを。4月に日本舞踊の師範試験があるので、まずはそれに合格して、教えて、伝えて、広めていきたい」
西原由香子さん(Vithmic Model Agency)
「スチールでとにかく頑張る。好きな服をたくさん着て、それを見てもらいたい。もちろん好きなアニメもいっぱい見ます」
春名 凛和さん(DIVA)
「今年は演技に力を入れ、舞台、ドラマの出演を目指す。和装の仕事もできれば。電車に乗るときに目に入る広告にも出たい」
崎代 夏怜さん(avex management)
「今までやってきたことを無駄にしないで、今年は幅を広げてたくさんのことに挑戦してみたい。いい一年に絶対します」


サイト内検索