霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

Yoshimi(Vithmic Model Agency)

2021年8月21日

「楽しいが一番です」

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 どの部分を切り取っても無駄のないポージングが、しなやかに流れる。

 小学生の時に「親と一緒にミュージカルを見に行って」舞台と出合い、「舞台に立つこと」が夢になった。中学生の時には地元であったミュージカルのオーディションに合格し、舞台デビューも果たした。

 高校では演劇を学び舞台を目指したが、卒業の時に周囲の反対もあって「保育士の道」を選択。結局、その道は「向いてない」ことが分かり、親戚から「モデルみたいやね」と言われたこともきっかけとなって方向を転換した。

 「結婚して子どもが生まれたのでやめよう」と思ったこともあったが、「呼ばれるうちは」と現役続行。どの向きのどの表情がきれいに写るかは「携帯で自分を見ながら」研究し、鏡越しに笑顔も鍛える。「立っている時にお尻を締めておなかをへこませる」意識は大切と実践の日々。

 「私を必要としてくれるのなら、最後まで責任を持ってやっていく。親子共演もやってみたい。楽しいが一番です」(ヘアメーク 大森未来)

【プロフィル】よしみ T167 B84 W63 H86 兵庫県出身。スチール中心に活動。ウェブ、ショー、動画などにも出演。


サイト内検索