霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

内 希帆(erg−Au)

2022年5月28日

マルチな一流芸能人に

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 背筋の伸びたキリリとした雰囲気と女子高生らしい笑顔とのギャップに引き込まれる。

 物心ついたときから「人前に出るのが好き」な女の子で「芸能界に入りたい」と思っていた。しかし、小学生で始めたバスケットボールでメキメキと上達。中学では大阪府代表に選出され、全国の強豪高校から特待生として誘われた。

 進路を決める冬。「やっぱりバスケじゃない、モデルがしたい」。今まで言い出せずにいた気持ちを言葉にした。2020年のドラフト6位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した三つ上の兄・星龍の「好きなことをやってほしい」との援護もあり、反対もあったが決まっていた進路を白紙に戻した。

 「東の早慶、西の大和」の言葉が耳に残る大和大学のCMに出演中。「まさか決まるとは。選んでもらえるとは思わなかったのでうれしい」と新たな撮影も控える。「どっちが先に一流になれるか」きょうだいで勝負。「モデル、歌、ダンス、演技、トークが全部できるようになって、一流になりたい」

 (ヘアメーク 大森未来)

【プロフィル】うち・きほ T170 B85 W62 H88 大阪府出身。スチール、CMなどで活躍中。


サイト内検索