大人の社会見学

 大人にしか味わえない、大人だからこそ学びたい施設を行く−。それを「大人の社会見学」と呼ぶ。食品工場や伝統産業資料室、工業遺産など関西有数のスポットを写真に収めながら、地域との密着や歴史、魅力を取り上げていく。

番外編(4) 知恵絞る企業ミュージアム

2021年2月18日

学びに工夫凝らして

 大人にしか味わえない、大人だからこそ学びたい施設を行く−。それを“大人の社会見学”と呼ぶ。関西有数のスポットを巡り、歴史や魅力、そしてそれを支える人たちを取り上げ、写真に収めてきた連載企画が開始から間もなく2年の節目を迎える。新型コロナウイルス禍で、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守りながら来場者がさらに学びを深め、楽しめるよう受け入れ側も知恵を絞る。番外編の続編は、企業ミュージアムを中心に紹介する。


明治なるほどファクトリー(貝塚市)

 ヨーグルト工場の見学入り口にある巨大スプーン。モニュメントが想像をかき立てる(現在は臨時休館中)=貝塚市


コンペイトウミュージアム(八尾市)

 製造体験とともに土産品も購入できる館内。大航海時代、ポルトガルから伝わったマデイラワインと融合した高級コンペイトーも=八尾市


そうめんの里(兵庫県たつの市)

 箸さばきの実演コーナーでは職人の手ほどきも受けられる。全国的に知られる「揖保乃糸」の醍醐味(だいごみ)が感じられる体験型の施設だ=兵庫県たつの市


カタシモワインフード(柏原市)

 100年の歴史を誇るワイナリー。敷地内には国の登録文化財に指定されている貯蔵庫も=柏原市


グリコピア神戸(神戸市)

 約55億個が世に送り出されたグリコの「おもちゃ」。館内ではその歴史の一端が垣間見られる(現在は臨時休館中)=神戸市西区


黒壁スクエア(滋賀県長浜市)

 改装した旧銀行の建物を基点に、ガラスをモチーフとしたまちづくりに成功。中心部には工房やギャラリー、体験教室が集積する=滋賀県長浜市


角長(和歌山県湯浅町)

 創業180年の老舗しょうゆメーカー「角長」。町内には資料館も併設し、しょうゆ発祥の歴史を伝えている=和歌山県湯浅町



サイト内検索