連載・特集

大阪市史跡探訪


 家のご近所、見慣れた建物、公園の前に石碑が立っていないだろうか。その一つ一つが貴重な歴史資料であったり、今は見ることのできない跡を示していたり。身近にあふれるマジカルミステリー。碑文を読めば膝をぽん! 意外な発見、感心、納得の大阪市顕彰史跡を写真で紹介する。

大阪市史跡探訪(24) 中央区 (おわり)

 1989年に東区、南区が合区してから30余年。文字通り「大阪都心の中央」の位置付けであり、区内には難波宮跡や大阪城公園をはじめ歴史的遺産や跡地が数多く存在する。にぎやかな都心の一...
2021年12月12日

大阪市史跡探訪(22) 北区

 古来、大阪市の中心街として栄えてきただけに有名無名の史跡が数多く、文明の起点がそこかしこに点在。発展・衰退の歴史はあれど、それぞれの時代を築いた先人たちの熱意が伝わってくるようだ...
2021年11月28日

大阪市史跡探訪(21) 浪速区

 区の名称は王仁(わに)博士の和歌に由来する。大阪市内では最も狭い行政区だが、市のほぼ中心に位置しており「なにわ」を象徴する区にふさわしい。いまや国内外に知られる商業エリアに発展し...
2021年11月21日

大阪市史跡探訪(23) 福島区

 学問の神様・菅原道真が太宰府へ左遷される途中、この地に立ち寄った際に名付けたとされる「福島」。“天地”を川に挟まれた区域を巡ると、『平家物語』にも記された戦略論争の地や、かの秀吉...
2021年12月5日

大阪市史跡探訪(20) 旭区

 自転車にまたがり、淀川の河川敷をゆったり走る。野球やラグビー、ランニングに汗を流す子どもらの姿がまぶしい。旭区の城北公園内にある「城北菖蒲園(しろきたしょうぶえん)」では、5〜6...
2021年11月14日

大阪市史跡探訪(19) 大正区

 たかが標高33メートル、されど33メートルである。千島公園内の「昭和山」を前に、すでに2時間超の散策で足裏はじんじん。あちこちで咲き誇るキバナコスモスを見ているうちに、気持ちは少...
2021年11月7日

大阪市史跡探訪(18) 東住吉区

 東住吉区は大阪市南部にあり、9割を住宅地が占める。昭和初期以降に市街地化が進み、戦後は急速に発展。鉄道各駅付近は商業施設としてにぎわう。大阪メトロ駒川中野駅から続く全長540メー...
2021年10月24日

大阪市史跡探訪(17) 東成区

 「深江の菅(すげ)細工」は、本紙でも人物紹介や町歩き、有識者のコラムなどさまざまな形で取り上げてきた大阪市が誇る無形文化財。顕彰碑が立つ深江稲荷神社の北側に深江郷土資料館があり、...
2021年10月17日

大阪市史跡探訪(16) 港区

 海風にしばし吹かれながら、静かに揺れる海を見つめる。ゆったりと時間が流れ、都会の騒がしさとは無縁のひととき。さぁ、重い腰を上げて、まずは標高4.5メートルの日本一低い山「天保山」...
2021年10月10日

サイト内検索