トレンド特急便

動植物つながり学ぶ

2020年8月8日

長居植物園と天王寺動物園が初コラボ 8日からクイズスタンプラリー

都会のオアシスとして市民に親しまれている長居植物園(右)と天王寺動物園
第1弾(8月)のオリジナル缶バッジのイメージ

 大阪市立長居植物園(大阪市東住吉区)と天王寺動物園(同市天王寺区)は、「天王寺動物園×長居植物園 都心で学ぶ『動物と植物のつながりクイズスタンプラリー』」を8日から実施する。同じ地球上に生きる動植物がどのようなつながりがあるのかを学ぶ初の取り組み。12月27日まで。

 長居植物園にクイズスタンプラリーカードが設置されており、天王寺動物園で飼育されているさまざまな動物たちの「隠れ家」や「好物」となっている植物などを探す内容。

 参加方法は次の通り。

 (1)長居植物園で入園券(200円)購入者1人につき1枚配布されるスタンプラリーカードを受け取る。年間パスや優待割引適用者も対象。中学生以下など入園無料の来園者と、隣接する市立自然史博物館入館券購入者は配布対象外だが、参加希望者にはスタンプカード1枚100円で販売する。

 (2)カードに記載されている五つの問題を解いて各スポットでスタンプを集め、長居パークセンターの交換場所でオリジナル缶バッジを入手する。

 (3)植物園の缶バッジを持って天王寺動物園に入園し、園内の交換所で動物園オリジナル缶バッジを受け取る。

 両園の缶バッジはともに月替わりでデザインが変更され、現在の第1弾は30日まで実施中。問い合わせは電話06(6771)8401、天王寺動物園、電話06(6696)7117、長居植物園。



サイト内検索