トレンド特急便

リモートでそば打ち伝授 材料と職人技セットで

2020年12月16日

天王寺のホビーズ、家庭向けプラン

リモートで指導を受けながらできるそば打ち体験のイメージ(ホビーズ提供)
自宅に食材と用具が届く(ホビーズ提供)

 大阪市内の企業が、職人によるリモート指導でそば打ちを伝授するプランを始めた。大みそかに備え、「年越しそば」を家庭で作ろうというもので、申込者には必要な調理器具とそば粉を自宅に届ける。新型コロナ禍でも「趣味の時間を」との意図で、新型コロナウイルスの感染者数が高止まりする中、コミュニケーション不足を補うツールとしてPRしている。

 運営するのは、「hobbys(ホビーズ)」(天王寺区)。体験に必要な用具のレンタルと、専門家のリモートレッスンを組み合わせた体験サービス「ホビーハント」を手掛ける。特定の場所は不要で、外出や「3密」を避ける状況の回避を想定した。

 年末年始は帰省の自粛が見込まれることから、同社では年末ならではの行事に着目。19〜27日の期間限定で、職人と一緒にそば粉の段階から手打ちそばを作り、楽しめる特別プランを企画した。

 講師を務めるのは、東大阪市の手打ちそば屋「庵(いほり)」の2代目、吉村昭範さんで、指導者として海外に招かれた経験もある。自宅にそば打ち用具とそば粉が届き、家族で気軽に楽しむことができる。プランでは、体験用と本番用(大みそか)の計2回分の材料が届くことになっており、用具のレンタル期間を来年1月3日まで延長することも可能だ。

 他にも、「薫製づくり体験」では、薫製器や電熱器と、薫製用の食材を真空パックでセットにして届ける。ウッドチップを入れ、食材を並べてふたをするだけで「専門店レベルが楽しめる」のが売り。「インテリアフラワー体験」では、選定した季節の花と、それに合う花瓶や道具などが届く。12月限定でクリスマスツリー作りもある。

 それぞれプログラムはプロ講師と共同開発したもので、子どもや1組複数人での参加も想定。申込者には、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用し、会話しながら接続などを事前サポートする。同社は、体験を通じて「家族や友人との絆づくりに貢献したい」としている。



サイト内検索