トレンド特急便

節分彩る恵方巻き さまざま

2021年1月27日

巣ごもり消費「おウチ時間を贅沢に」

イオンが販売する「14種の具材たっぷり太巻」。マグロやエビ、アナゴなどの具材をたっぷりと盛り込んだ
豚角煮が入った台湾の家庭料理をモチーフにした「ルーローファン巻」(近鉄百貨店提供)

 「節分」の日に“恵方”に向かって丸かぶりすると福が来るという「恵方巻き」。大阪が発祥とされる風習ながら、今や全国に広がる一大商戦だ。特に今年はコロナ禍もあいまって、“巣ごもり消費”を楽しめるようバラエティーに取りそろえ、やや単価が高めの商品も。“密”を回避するため、消費者の手元に商品を届ける手法にも気を配っている。

 今年の節分は2月3日ではなく「2月2日」。節分は立春の前日に当たり、立春を含む二十四節気は、国立天文台が太陽と地球の位置関係から日付を割り出している。今年は暦のずれが影響し、「2日節分」が124年ぶりに実現した。

■ぜいたくな一品

 異例の日程という話題性もPRしようと、「イオン」「イオンスタイル」を運営するイオンリテールは事前予約を強化し、全体売り上げの25%を目標に据える。混雑緩和を進め、同時に食品ロスにも取り組む。売れ筋を見ながら商品計画の精度を高め、節分商戦の廃棄率は昨年は前年の半分以下に。今年はさらに半減を目指す。

 商品は「おウチ時間を贅沢(ぜいたく)に」をテーマに、「ミシュランガイド東京」で三つ星を獲得した東京・銀座の「鮨(すし)よしたけ」が監修する2種類を販売。ほかにマグロやアナゴなどを盛り込んだ直径8センチの「14種の具材たっぷり太巻」は予約限定だ。疫病退散を願い、近畿では壬生寺(京都市)で祈願したノリも用いる。近畿カンパニーの内藤良則マーチャンダイザーは「消費者に合うよう甘みを感じられるすし酢を用意した。マーケットは年々拡大しており、支持される商品を展開する」と展望している。予約受け付けは28日まで。

■旅行気分も

 約4万本を用意する近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)では、人気の旅行先5カ国の代表料理を詰め込んだ「海外風恵方巻」を初企画。豚角煮入りの「ルーローファン巻」(台湾)やナンプラーが香る「ガパオ巻」(タイ)「ロコモコ巻」(ハワイ)などユニークだ。「人気の高まりで、恵方巻き自体のバリエーションが豊富になってきている」(広報)ことから、取り扱いも前年の80から140種類へと大幅に増やした。

 阪急うめだ本店(同市北区)は、1本7560円(税込み)の「阪急極み松阪牛サーロイン巻き」や3980円(同)の「阪急極み海鮮巻き」など味わいやボリュームでも満足感を楽しめる商品をPR。

 大丸梅田店(同市北区)は、ボイルロブスターを姿ずしに見立てた、長さ約40センチの「ロブスター1本丸ごと恵方巻」(予約のみ、2月1日まで)などユニークな商品を展開している。



サイト内検索