トレンド特急便

離職防止に「介護thanks!」

トライトグループ
2021年2月3日

「感謝・承認・称賛」贈り合うコミュニケーションツール

「介護thsnks!」アプリの操作画面(トライトグループ提供)

 介護・医療・保険分野での人材紹介・派遣サービス大手「トライトグループ」(大阪市北区・笹井英孝社長CEO)は従業員同士が気軽に感謝を伝え、称賛し合い、会社への愛着心を高めるエンゲージメントサービスを介護業界向けに特化した「介護 thanks!」の提供を開始した。人手不足が深刻化している介護職員の離職防止に役立ててもらうことが狙いだ。

 トライトグループは2020年10月、「アルト」(東京都、植村智幸社長)と業務提携。アルトは、働き手同士が感謝の言葉やポジティブなスタンプを贈り合うことで、ポイントインセンティブを獲得できる感謝報酬の仕組み「thanks!」を展開。小売りや外食、流通など「接客を含むサービス分野で実績」(植村社長)を持つ。

 今回提供を開始する「介護 thanks!」は、トライトグループが持つ介護事業者や介護職員が抱える課題に対する知見をもとに、「thanks!」を介護業界向けにカスタマイズしたもので、職員が介護現場特有のシチュエーションにおいて相互に「感謝・承認・称賛」の言葉やスタンプを贈り合うコミュニケーションツール。ポイントインセンティブ機能により、贈り合ったスタンプやメッセージをポイント化し、福利厚生の一部として還元できる。

 また活用状況はデータ化され、各職員の特性やチームワーク運営の状態、離職リスクなど独自のデータ分析が可能という。

 同グループは7月、「介護職の離職に関する実態調査」を実施。退職理由で最も多かった「人間関係」を良好にするため、「プラスの発信」に特化している。介護現場でよく使われる言葉をまとめた新たなスタンプの提供や、介護家族から介護職員に対してポイントを贈る機能もある。

 笹井社長CEOは「主軸サービスである人材紹介・派遣業に合わせて人材育成・キャリア支援を強化し、医療・介護・保育業界を取り巻く慢性的な人材不足に関わるすべての社会課題へ寄与したい」と話す。

 介護・保育事業の「リールステージ」(奈良市、中山久雄社長)が導入を決めており、生産性やサービスの質の向上、離職率低減による人事管理などの効果を期待している。



サイト内検索