トレンド特急便

ペットグッズ通販「ペピイ」 東成区に初の実店舗

2021年5月12日

客の声を商品作りに トリミングサロンも併設

庭に面して開放的な明るい店内
店に併設されている犬のトリミングサロン「ソエルドッグケア」。人間の美容室のような落ち着いた空間になっている

 ペットグッズ通販「ペピイ」が初めての実店舗となる「PEPPY SPACE」を、大阪市東成区にオープンした。実際に手に取り、愛犬愛猫の反応を見ながら商品を選べるほか、購入後のアフターフォローや客の要望を直接聞き取って新たな商品作りにつなげることも期待される。

 ペピイは、新日本カレンダー(同区、宮崎安弘社長)が1994年にペピイ事業部として発足。獣医師の意見も取り入れた商品開発やサービスを行い、首輪や服のような一般的な商品とともに、ペットの高齢化に対応したクッションやペットフードなどの介護用品も多数手掛ける。

 これまでは、カタログとインターネットの通販が大半で、店頭やイベントでの販売はごくわずか。店舗は、同社が運営するペット飼育可の有料老人ホームの1階スペースに位置し、トリミングサロンと保護猫譲渡サロンも併設する。

 店内は、季節の花々が咲く庭に面しており、明るい雰囲気。ペピイの千を超える商品のうち約150アイテムが並ぶ。店は本社に隣接しているため、店内になくてもすぐに現物を取り寄せることができるのも大きな強みだ。

 知育玩具や、栄養素や素材にこだわったフードが売れ筋だが、意外なところでペット用防災商品、ペット服用の洗剤や洗濯グッズも店頭では人気。ペット服は全て試着可能で、中型〜大型犬ユーザーに好評だという。

 「実際に商品を手に取ると、サイズ感や素材感がわかる。買った後の手入れの方法も直接伝えることができるのがメリット」と佐野正司店長。ペピイの商品開発にも携わった経験から客の相談にも乗り、商品についての要望も聞き取る。実際にお散歩バッグの新サイズを発売につなげた。

 トリミングサロン「ソエルドッグケア」は、犬のストレス軽減を第一に考えて個室対応。人間の美容サロンのような落ち着いた空間で、飼い主に家庭内でのケアのアドバイスをしながら行う。トリマーの吉田奈々さんは「一人一人に寄り添い、犬と飼い主さんが家で心身ともに健康に過ごしてもらえるようにサポートしたい」と話す。

 午前10時〜午後4時。毎週火、水曜定休。



サイト内検索