連載・特集

亀井澄夫の妖精・妖怪世界の旅


猪八戒(中国)

 中国の四大(しだい)奇書のひとつ『西遊記』に登場する。原作の『西遊記』を読まれた方なら、猪八戒の言動に腹が立ったことと思う。それは三蔵法師にも言えることで、三蔵は孫悟空よりも八戒...
2020年9月7日

アバドン(イスラエル近辺)

 その大群はケニアより発し、1日180万トンの作物を食い荒らし、中東のイエメンを経てパキスタンに到達。まだまだ勢力を伸ばす勢いだ。何のことかというと、報道でも見られたと思うが、バッ...
2020年8月10日

温元師(中国)

 「泰山府君(たいざんふくん)」と言えば、安倍晴明などの陰陽師(おんみょうじ)が行う「泰山府君祭」を思い浮かべる人がいるだろう。泰山府君とは泰山の神、東岳大帝(とうがくたいてい)の...
2020年7月27日

フンババ(イラク)

 現在、環境問題がとやかく言われるが、なんと紀元前1759年頃には、すでに環境破壊が行われていた。それは、その頃に作られた『ギルガメッシュ叙事詩』に記されている。当時のバビロニア人...
2020年8月24日

トルンガルスク グリーンランド/カナダ(チドリー岬)、アメリカ(アラスカ州)

 近年、アラスカで1300年以上前の白クマの頭蓋骨が見つかった。頭蓋骨から推定すると、後ろ足で立った姿は4メートル以上になり、体重は600キログラムもあるという。今回は、そんな巨大...
2020年7月14日

ペガサス(ギリシア)

 髪の毛が蛇の怪物メデューサが退治されたとき、すでにメデューサは海神ポセイドンの子を身ごもっており、切り落とされた首の鮮血から生まれたのが、その子、ペガサスだ。コリントスの王子ベレ...
2020年6月29日

アンタイオス(ギリシア(古代リビア))

 ギリシャ神話の中で、エウリュステウス王はヘラクレスに難題を次々とふっかける。その11番目が「黄金のリンゴを取ってこい」というもので、その道程に出てくるのがアンタイオスだ。海神ポセ...
2020年6月16日

妖精 ヘッドリー・コウ(イギリス(コーンウォール))

 今回は、コーンウォールの昔話をしよう。一人暮らしで貧しいおばあさんだが、いつもニコニコしていて「私は運がいいねえ」と思わない日が一日もない、今で言う「超前向き」な、おばあさんの話...
2020年6月1日

クラーケン(ノルウェー)

 『千夜一夜物語』(アラビアンナイト)のバートン版、第538夜目からの「船乗りシンドバッド最初の航海」で、天国の花園かと思うような島に上陸し、料理をしたり洗濯をしたりしていると、船...
2020年5月18日

サイト内検索