連載・特集

亀井澄夫の妖精・妖怪世界の旅


トコロシェ(南アフリカ)

 今回の化け物は南アフリカのズールー族に伝わる「トコロシェ」。背は30センチほどで小さく、ロシアのグレムリンのような小鬼である。子どもと遊びたがるが、鋭い爪でひっかくこともあるので...
2022年6月20日

エインセル(イギリス)

 子供の躾(しつけ)に「早く寝ないと○○が来るよ」と言うのがあって、これはもう日本も世界も共通のようである。今回は、イギリスのノーサンバーランドでの話。お母さんから「妖精が来て、お...
2022年5月23日

ブラーク(イスラエル)

 「予言者」と「預言者」は異なる。前者は未来のことを口にして「言う」者。後者は神の言葉を「預る」者である。預言者の代表格はキリストとイスラム教のムハンマドであろう。天使ガブリエルは...
2022年5月10日

雷公(中国)

 中国で雷公(らいこう)は男のカミナリ、女はイナズマで雷母(でんぼ)と呼ぶ。彼らにはおもしろいエピソードがたくさんある。まず『西遊記』は一般に知られる人気の小説だが、『北遊記』とい...
2022年6月6日

ロキ(アイスランド)

 ロキは「トリックスター」と呼ばれる。トリックスターとは、いたずら者でホラかうそしか言わず、男にも女にもなり、無秩序を体現したような人物だ。彼によって社会はかき乱され変化していく。...
2022年4月25日

キキーモラ(ロシア)

 ロシアの代表的な家つき妖精「キキーモラ」。特徴は糸を紡いだり、機を織ったり、編み物をしたりと、女性の手仕事が大好きなこと。でも、飛び跳ねながら紡いだり、糸を逆に掛けたり、あまりま...
2022年4月12日

マニトウ(アメリカ合衆国)

 アメリカ・インディアンの宗教観は日本人に近いと思う。山に野に森に、海にも空にも神がいて、雲の流れや風の音に神の声を聞くことができる。そこには善の精霊も悪の精霊もいる。インディアン...
2022年3月28日

エコー(ギリシア)

 自己愛の深い者をナルシシストと呼ぶが、その語源となったのはギリシア神話に登場する、きゃしゃな体の「ナルキッソス」である。彼に言い寄るニンフは星の数ほどいても、激しい自己愛と、うぬ...
2022年3月15日

アモン(エジプト、他)

 今回はソロモン王に仕えていた72の悪魔のうち、実力と長い歴史を誇るアモンである。地獄の大公爵と言われ、体はオオカミ、尾は蛇、頭はフクロウに似て、くちばしの中は鋭いキバがずらりと並...
2022年2月28日

サイト内検索