2021年4月10日

山本二三展

10日開幕

トークショーやサイン会も

 日本海新聞発刊45周年記念事業「山本二三(にぞう)展」が10日、鳥取市で開幕します。山本さんは宮崎駿監督作品などで美術監督を務め、名シーンの背景画を多数生み出してきました。本展ではご当地作品「鳥取東照宮と麒麟(きりん)獅子舞」をはじめ、初期から代表作まで約230点を展示。初日は山本さんのトークショーやサイン会があります。


◆会期 4月10日(土)~5月9日(日)午前9時~午後5時 ※4月12日、19日、26日は休館

◆会場 鳥取市歴史博物館やまびこ館(鳥取市上町)

◆入館料 一般・大学生千円、中学・高校生800円※小学生以下無料 ※本展入館で、リニューアルしたやまびこ館常設展示室も無料で観覧可

◆開幕イベント 午後2時~トークショー(先着30人)▽午後3時~サイン会(先着50人)※午前9時の開館から売店で販売する対象図録の購入者50人に先着で整理券を配布します

◆お願い 検温、消毒、マスク着用、混雑時の入館制限など感染症対策にご協力をお願いします

◆問い合わせ 電話0857(21)2885、日本海新聞ビジネス支援課

主  催 新日本海新聞社
共  催 鳥取市文化財団
特別協賛 鳥取信用金庫

関連リンク