2021年8月5日

鬼太郎カップ駅伝

2年連続中止決定

 境港市営竜ケ山陸上競技場を発着点とする「日韓ロ国際交流鬼太郎カップ境港駅伝競走大会」(鳥取陸上競技協会、境港市、新日本海新聞社主催)の実行委員会が8月4日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から昨年に続き、10月に開催を予定していた大会の中止を決めた。代替イベントを検討する。

 主催する関係者ら16人が出席。鳥取陸協の競技運営ガイドラインに基づき、感染防止策について意見交換。境港市民の協力で成り立っている大会であることを踏まえ、併催の小学生クロスカントリーリレー大会とともに中止を決めた。

 鳥取陸協の山口隆之副会長は「今年はエネルギーを蓄え、次の節目となる20回大会をしっかりアピールしていきたい」と話した。

 2019年の19回大会は、ロシアチームを含む県内外68チームが出場した。