2021年8月29日

郷土選手の活躍振り返る 写真展「感動をありがとう」

9月3日から米子・倉吉・鳥取で

入場無料

 新日本海新聞社は、7、8月に開催された東京五輪で鳥取県勢初の金メダルを獲得した米子市出身の入江聖奈選手(米子西高-日体大)をはじめ、今大会に出場した県関係の選手の活躍ぶりを伝える写真展「感動をありがとう-輝いた郷土のオリンピアン」を米子市、倉吉市、鳥取市の3会場で9月3日から開きます。入江選手を取り上げた本紙特大紙面も掲示し、日本海ケーブルネットワーク(NCN)が編集した凱旋(がいせん)時の映像コーナーも設けます。奮闘した選手たちの姿をぜひご覧ください。入場無料。


◆会場 米子しんまち天満屋2階(米子市西福原2丁目)
▽パープルタウン1階広場横催事場(倉吉市山根)▽鳥取大丸5階(鳥取市今町2丁目)

◆会期 9月3日(金)~20日(月・祝)※中部会場は7日(火)休館

主催 新日本海新聞社
共催 日本海新聞販売店会