イベント一覧

主催事業ホームページ

淀江歴史ウオーク&キーワードラリー 木梨憲武展 Timing-瞬間の光り- フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生展 ざんねんないきもの事典 鳥取マラソンオンライン 全国選抜小学生プログラミング大会 第12回 全国公募書道展 読書絵てがみ感想文コンクール
月亭八方一門会 日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 片岡鶴太郎展 顔-faces- 第25回 大伴家持大賞 児童生徒 新聞感想文コンクール 日本海政経懇話会 健康になろうプロジェクト2020
日本海新聞オンラインチケット
  •  歴史ウオーク&キーワードラリー 国史跡・上淀廃寺跡 彩色壁画発見30周年記念 25日、淀江 参加者を募集  国史跡・上淀廃寺跡の彩色壁画発見30周年を記念した歴史ウオークとキーワードラリーを開きます。上淀廃寺跡や国史跡・妻木晩田遺跡などがある古代ロマンに彩られた米子市淀江町の伯耆古代の丘公園周辺を歩いてみませんか。 »詳細を見る
  •  山本二三展 10日開幕 トークショーやサイン会も  日本海新聞発刊45周年記念事業「山本二三(にぞう)展」が10日、鳥取市で開幕します。山本さんは宮崎駿監督作品などで美術監督を務め、名シーンの背景画を多数生み出してきました。本展ではご当地作品「鳥取東照宮と麒麟(きりん)獅子舞」をはじめ、初期から代表作まで約230点を展示。初日は山本さんのトークショーやサイン会があります。 »詳細を見る
  •  デジタルスタンプラリー 「山本二三展」からスタート  日本海新聞発刊45周年を記念し、主催4展覧会を対象に「デジタルスタンプラリー」を行います。作家のサイン入り公式図録や展覧会グッズが抽選で計45人に当たります。 »詳細を見る
  •  月亭八方一門会 チケット4月1日から一般発売  日本海新聞発刊45周年記念事業「月亭八方一門会」のチケットを1日午前10時から一般発売します。上方を代表する落語家の一人、月亭八方の一門による落語会です。月亭八方をはじめ、関西を中心にテレビ番組でも活躍中の月亭八光、お笑い芸人から落語家へ転身して人気の月亭方正、個性豊かな3人の競演をお楽しみください。 »詳細を見る
  •  第7回日本海新聞・児童生徒新聞感想文コンクール 6月から作品募集  「第7回日本海新聞・児童生徒新聞感想文コンクール」を実施します。児童生徒が新聞に親しみ、記事の感想文を書くことで読解力や表現力、社会への関心を高めてもらうことが目的です。 »詳細を見る
  •  「片岡鶴太郎展 顔-faces-」直筆サイン入り画集手渡し会 4月24日参加者募集  4月24日に倉吉博物館で開幕する画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」の関連イベントとして、同展の直筆サイン入り画集を、片岡鶴太郎さんが限定50人に手渡します。参加を希望する人は、はがき、または電子メールに必要事項を明記してご応募ください。応募者が定員を超えた場合は、抽選で当選者を決定します。 »詳細を見る
  •  4月3日からプレ展示 片岡鶴太郎展 顔-faces- 倉吉博物館  4月24日に倉吉博物館で開幕する画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」の関連イベントとして、プレ展示を行います。倉吉市の観光大使を務める片岡鶴太郎さんの倉吉限定の特別企画で、ツバキをモチーフにした作品など10点を展示します。プレ展示と同時開催で、同館の所蔵品展「花の咲く風景」も行います。 »詳細を見る
  •  淀江歴史ウオーク&キーワードラリー 4月25日 参加者を募集  国史跡・上淀廃寺跡の彩色壁画発見30周年を記念したウオークとキーワードラリー大会を開きます。米子市淀江町の伯耆古代の丘公園周辺は、上淀廃寺跡や国史跡・妻木晩田遺跡などがあるエリアです。古代ロマンに浸りながら里山を歩きましょう。 »詳細を見る
  •  ニュース時事能力検定試験 6月27日・鳥取 申し込み受け付け中  入試や就職試験に出題される時事問題の理解度を測る「ニュース時事能力検定試験」を6月、鳥取市で行います。受験や就職に必要な社会の仕組みと流れについての知識を小中学生レベルの5級から社会人上級レベルの1級まで、6段階に分けて実施します。学校や塾、企業を準会場にした団体受検制度もあります。 »詳細を見る
  •  月亭八方一門会 米子で6月27日 18日から先行予約  日本海新聞発刊45周年記念事業「月亭八方一門会」を6月27日に米子市で開きます。上方を代表する落語家の一人、月亭八方の一門による落語会です。テレビ番組でもおなじみの月亭八方さん、八光さん、方正さん-の個性豊かな3人の落語をお楽しみください。チケットの先行予約を18日から郵便振替、ウェブで受け付けます。 »詳細を見る
  •  片岡鶴太郎展 絵画コンテスト作品を募集 顔-faces-  4月24日に倉吉博物館で開幕する画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」の関連イベントとして、絵画コンテストを行います。片岡鶴太郎さんが審査員を務め、応募作品から大賞を選定します。作品の題材、画材は問いません。 »詳細を見る
  •  フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生展 3月1日、前売り券発売  日本を代表する前衛芸術家・草間彌生さんの展覧会を米子市で開催します。水玉模様のカボチャや網目柄をはじめ、草間彌生のルーツに迫る作品群を中心に、絵画や版画など約100点を展示します。3月1日に前売り券を発売します。 »詳細を見る
  •  モルゴーア・クァルテットコンサート 4月・湯梨浜 2月27日から一般発売  「モルゴーア・クァルテットコンサート」が4月、湯梨浜町で開かれます。入場券は2月27日に一般発売されます。日本の名だたるオーケストラで活躍する“すご腕奏者”4人と16本の弦が織り成す極上の音世界をお楽しみください。 »詳細を見る
  •  5月末まで販売期間延長 とっとりGo To Eatキャンペーン  「とっとりGo To Eatキャンペーン」のプレミアム付き食事券の販売期間を、2021年5月31日まで再延長します。現状の同年2月末から3カ月間の延長です。 »詳細を見る
  •  片岡鶴太郎展 顔-faces- 前売り券 2月20日から発売  画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」を4月24日~5月23日、倉吉博物館で開きます。片岡さんの画家としての原点であるツバキをモチーフにした作品をはじめ、日本画、墨彩画、油彩画、パステル画の新作や未発表作など約100点を展示します。前売り券は20日発売です。 »詳細を見る
  •  日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂(ほた)るの墓、もののけ姫、時をかける少女~ 2月18日 前売り券発売  日本海新聞発刊45周年記念事業「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三(にぞう)展~天空の城ラピュタ、火垂(ほた)るの墓、もののけ姫、時をかける少女~」を4月、鳥取市で開きます。2月18日に前売り券を発売します。 »詳細を見る
  •  ざんねんないきもの事典inSANKO夢みなとタワー 3月20日境港で開幕 12日前売り券発売  日本海新聞発刊45周年記念事業「ざんねんないきもの事典inSANKO夢みなとタワー」を、3月20日から境港市で開きます。前売り券を2月12日から鳥取県内、島根県東部のプレイガイドなどで発売します。 »詳細を見る

イベントカレンダー

  • 4月 イベント名 会場 問合せ
    1 木JA鳥取中央「第18期あぐりキッズスクール」中部本社
    10 土日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展(~5/9)鳥取市歴史博物館やまびこ館本社
    14 水日本海政経懇話会4月例会(竹中平蔵氏)鳥取
    15 木日本海政経懇話会4月例会(竹中平蔵氏)倉吉・米子
    18 日第84回鳥取県草野球愛好会東部地区大会(~7/4)県東部野球場本社
    24 土フォーエバー現代美術館コレクション草間彌生展(~5/30)米子市美術館西部本社
    片岡鶴太郎展 顔-faces-(~5/23)倉吉博物館中部本社
    25 日モルゴーア・クァルテット コンサートハワイアロハホール本社
    第43回櫻杯争奪相撲選手権大会倉吉市営すもう広場中部本社
  • 5月 イベント名 会場 問合せ
  • 6月 イベント名 会場 問合せ
    27 日月亭八方一門会米子市公会堂大ホール西部本社
    2021年度ニュース検定日本海新聞本社6階会議室本社

後援について


後援依頼書に所定事項をご記入の上、最寄りの下記連絡先へご持参頂くか郵送してください。
連絡先・郵送先

新日本海新聞社
  • 【鳥取本社ビジネス支援課】  〒680-8688 鳥取市富安2丁目137番地     電話 0857-21-2885
  • 【中部本社ビジネス支援課】  〒682-8505 倉吉市上井町1丁目156番地    電話 0858-26-8340
  • 【西部本社ビジネス支援課】  〒683-8520 米子市両三柳3060番地      電話 0859-34-8813
  • 【但馬支社営業事業】     〒669-6701 兵庫県美方郡新温泉町芦屋155-1 電話 0796-82-4541
必要書類
・後援依頼書1枚
 

・要項・チラシ等、イベントの内容がわかるもの
・返信用封筒(84円切手をはり、返送先を明記したもの)
※必要書類が揃っていない場合は後援承諾が下りない場合があります。

申請方法
お近くの新日本海新聞社本支社に直接お持ちいただくか郵送してください。
FAXやメールでの受け付けは行っておりません。
後援申し込み日がイベント開催2週間をきっている場合、後援承諾が間に合わない場合があります。
※承諾が下りる前の名前使用は控えていただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせ

  • 【鳥取】 新日本海新聞社 鳥取本社ビジネス支援課   電話 0857-21-2885
  • 【倉吉】 新日本海新聞社 中部本社ビジネス支援課   電話 0858-26-8340
  • 【米子】 新日本海新聞社 西部本社ビジネス支援課   電話 0859-34-8813
  • 【但馬】 新日本海新聞社 但馬支社営業事業      電話 0796-82-4541