2020年5月21日 21:53

黒川検事長が辞表、訓告処分に コロナ禍に賭けマージャン

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下に、新聞記者らと賭けマージャンをした東京高検の黒川弘務検事長(63)が21日、安倍晋三首相宛てに辞表を提出した。法務・検察当局の調査を受けた黒川氏は訓告処分となり、「行動は緊張感に欠け、軽率に過ぎるものであり、猛省しています」とのコメントを出した。辞職は22日の閣議での承認後、天皇が裁可して正式に認められる。

 検察に欠かせない人材だと政権が主張していた黒川氏が不祥事で辞職する事態に追い込まれ、政権の信頼が根底から揺らぐことになった。安倍首相は「首相に当然責任がある。批判は真摯に受け止めたい」と述べた。