2020年5月26日 18:13

将棋の藤井七段6月2日に復帰戦 遠距離移動伴う対局を再開

 日本将棋連盟は26日、緊急事態宣言の全面解除を受け、休止していた遠距離移動を伴う対局を6月1日から再開し、棋聖戦5番勝負を8日に開幕すると発表した。愛知県在住で4月11日から対局していない藤井聡太七段(17)は6月2日、公式戦に復帰する。

 最年少タイトル挑戦を目指す藤井七段が唯一、記録更新の可能性が残るのは棋聖戦。本戦ベスト4に進んでいて、挑戦権獲得にあと2勝。復帰戦となる準決勝で、前名人の佐藤天彦九段(32)と対戦する。

 最年少挑戦は屋敷伸之九段(48)の17歳10カ月24日。藤井七段が棋聖戦5番勝負に出場すれば、17歳10カ月20日の新記録となる。