2020年7月10日 13:31

ソウル市長、遺言で謝罪 自殺の可能性、失踪前日に告訴

 【ソウル共同】ソウル市は10日、9日に行方不明となった後、同市内の山中で遺体で発見された朴元淳ソウル市長(64)が遺言状を書いていたとして、これを公開した。「全ての人に申し訳なく思う」などの文章に加え、家族への謝罪の言葉がつづられており、自殺の可能性が高まった。

 一方、韓国メディアは9日、朴氏の元秘書がセクハラを受けたとして失踪前日の8日に警察に告訴状を提出したと報じた。警察は10日、詳細は明らかにできないとしながらも、朴氏に対する告訴状を受理し捜査を進めていたことは認めた。

 警察も自殺とみており、告訴と関係があるかどうかを含め、動機を慎重に調べている。