2020年8月4日 22:21

王位戦、第3局の1日目終える 将棋、最年少対最年長

 将棋の最年少タイトル保持者、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負第3局は4日、神戸市で行われ、後手の木村王位が46手目を封じて1日目を終えた。ここまで2連勝の高校生プロは、棋聖戦に続き二冠獲得を狙う。

 戦型はプロ棋士間でよく指される「矢倉」に。両者、慎重に時間を使いながら駒組みを進めている。

 藤井棋聖は7月16日、最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取した。王位戦のシリーズも制すれば、二冠を獲得し、八段に昇段。いずれも最年少での記録達成となる。

 昨年、最年長で初タイトルを奪った木村王位は、初防衛が懸かる。王位戦は2日制。