2020年8月11日 07:02

レバノン首相、内閣総辞職を表明 大規模爆発で混乱、デモ激化

 【イスタンブール共同】レバノンのディアブ首相は10日、首都ベイルートの大規模爆発をきっかけとする混乱を受け、テレビ演説で内閣総辞職を表明した。政府の対応に抗議するデモが激化し、閣僚が相次いで辞任。政権維持は厳しい情勢だった。

 4日に起きた爆発は街の広範囲を破壊し、150人以上が死亡。約30万人が住居を失ったとされる。3月にデフォルト(債務不履行)に陥った深刻な経済危機の中、政治空白により復興が遠のく恐れもある。

 ディアブ氏の演説に先立ち、経済危機対応で国際通貨基金(IMF)との交渉役を務めていたワズニ財務相ら4閣僚が辞任を表明していた。